「入社以来の夢でした寿退社はなりませんでした。身の振り方は白紙状態ですが、新しいことに挑戦していきたいと思っております」
 13日、フジテレビの高橋真麻アナウンサー(31)が、3月末で退社することが明らかになり、『知りたがり!』で自嘲気味に自らこう口にした。

 04年に入社以来、高橋英樹(69)の娘という話題もあり、バラエティーを中心に活躍して来た彼女だが、初のレギュラー番組『知りたがり!』が3月末で終了。そのタイミングでの退社を決断したようだ。

「バラエティで見せる“破天荒”キャラで注目されてきましたが、30歳を過ぎてからアナウンス室でも居場所がなくなりつつあり、肩身が狭い思いを抱えていたのではないでしょうか」(同局関係者)

 この1年でフジの女子アナは秋元優里(29)、石本沙織(32)、戸部洋子(31)など結婚が続いている。高橋アナも11年夏にIT企業社長・Kさん(38)との熱愛が報じられており、一説には今春“寿退社”するのでは、といわれていた。

実は元日、本誌は成田空港でハワイに出発する彼女を直撃している。Kさんとのハワイ旅行なのか聞いてみると、「いえいえ、全く違います。女友達と一緒です」と語り、今年中に結婚については「絶対、ありません」と強調していた。2月4日、取材現場で記者は彼女と再会。結婚の予定を確認する記者に「今年は結婚しませんから」とキッパリ語っていた。やはり、“寿退社”ではないようだ。今年は「恋愛」より「仕事」をとった!?