6日、この春からNHK BSプレミアムで始まる新番組『おとうさんといっしょ』の発表記者会見が都内で行われ、出演者である体操のおにいさん、歌のおねえさん、そしてシュッシュ、ポッポ、パンタン駅長の3キャラクターが登場した。

歌のおねえさんには、歴代のおねえさんにずっと憧れていたという安藤三保子。そして体操のおにいさんに、子供と一緒に体を動かすのが大好きだという聖也が抜擢され、聖也は得意のアクロバットを披露し記者を驚かせた。

安藤は「歌のおねえさんにずっと憧れていたので、合格という結果を聞いたときは、びっくりして渋谷駅からNHKまで嬉し泣きしてしまった」と感極まり、「涙が出て来ました」と記者陣に涙を見せる一場面も。また、聖也も「子供たちと触れ合うのが好きで、オーディションに受かってすごく嬉しい。子供たちと同じ目線にたって元気良くできたら」と笑顔を見せた。

同番組は『おかあさんといっしょ』の”お父さんバージョン”として始まるが、両番組の大きな違いはないようだ。だが、主任プロデューサーの奥富氏は「家族が一緒にいることが大切、一人でテレビを見るより家族皆で見ると、もっと楽しいということを伝えたい」とし、「”イクメン”も増えているのでお父さん同士のネットワークを繋げられたら」と話した。