3月22日、『北斗の拳』をパロディ化した『アニメ・DD 北斗の拳』の制作発表が都内で行われ、主題歌を歌ったタレントの吉木りさ(25)、原作者の原哲夫(51)、そして声優の立花慎之介(34)らが登場した。ケンシロウ風の衣装を身につけた吉木は、「まさか、“アタタ!!”を言うことになるとは思っていなかったけど、やりがいがあった」とコメントした。

 原にとって、ケンシロウは少年時代の自分の“理想像”だという。また、ケンシロウが憧れの男性であると話した吉木は、自分のケンシロウはどこ?という質問に、「探しても見つからないんですよ……」とコメント。すると、原に「漫画ですからね、探しちゃいけませんよ」とマジメに突っ込まれていた。

 すると原が、「見た目が良くてもね、中身がいろいろあるからね。見た目か、性格か、お金か。どれか落とさないとダメですよ」とアドバイス。吉木を困惑させていた。

関連タグ: