9月23日、歌手の北島三郎(77)が自身が座長をつとめる舞台『北島三郎最終公演』を東京・明治座で開催。本公演をもって4500回目の公演となる今回、北島が感極まって男泣きする一幕も。

 公演回数通算4500回となるこの記録は1968年9月、東京・新宿コマ劇場での第一回公演から46年間かけて北島が達成した金字塔。歌手で娘婿の北山たけし(40)の合図で観客1200人から「4500回おめでとう!」と祝福を受けると北島は思わず涙。「たくさんのお客さんに支えていただき本当に幸せです」と感謝を述べ、喜びを噛み締めた。

 来年1月29日の福岡公演で千秋楽を迎えると通算4578回にまでのぼる本記録。関係者によるとギネス記録への申請も検討しているという。

(撮影/桑原悟)

関連タグ: