image

10月上旬の昼11時すぎ、買い物客でにぎわう東京・代官山で目撃されたのは、絢香(28)と水嶋ヒロ(32)夫妻。

 

水嶋は愛犬2匹を連れ、長女(1)を広場で遊ばせながら、妻の買い物が終わるのをおとなしく待っていたという。

 

「どう見ても、水嶋さんのほうが“主夫”でしたね(笑)」(前出の主婦)

 

2人は09年に結婚したが、絢香はNHK朝ドラ『花子とアン』の主題歌を歌って大ヒットを飛ばすなど、収入面で水嶋より一歩リードしていることは間違いない。

 

「ただ水嶋さんは“絢香のヒモ夫”と呼ばれるのを、何よりも嫌っているんです」(芸能関係者)

 

そんな水嶋がいま“一発逆転”を狙っているという。

 

「それは、ハリウッド進出です(苦笑)。彼はスイスからの帰国子女で英語もペラペラ。じつは今年3月、全米で放映されたドラマ『GIRLS』シーズン5にもゲスト出演しています。撮影中も監督と英語でやり取りするなど、制作陣からの評判は上々でした。それでハリウッドへの意欲に火がついて。じつはハリウッドでのオーディションの“秘密兵器”にと、最近は英語のラップを練習しているそうです。意外ですが昔からラップが好きで、実力もかなりのものなんですよ」

 

ユーチューブに投稿した動画『ペンパイナッポーアッポーペン』が世界中で受け、松田聖子以来26年ぶりとなる全米チャートインも果たしたピコ太郎。そんなピコ太郎よろしく、水嶋も“意外な音楽ネタ”を武器にハリウッドデビューを狙っているというのだ。

 

でも水嶋のラップ動画なら、本気でちょっと見てみたい!?