image

 

「本当に私が主役でいいの?と思いました。ずっと脇役を生きがいとして生きてきたので。(制作の)関テレさん、勇気ありますよね」

 

そう無邪気に笑う吉田羊。初主演ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系・火曜21時〜)の現場では、撮影の合間に女性の共演者たちと美容話などの女子トークで盛り上がっているという。

 

「基本、自信がないんです。いまだに人とのコミュニケーションは難しいなと思っています。でも、現場というものをいつも面白がれる自分でいたいので、なるべくスタッフさんたちにも話しかけるようにしています」

 

いつでも羊さんの周りには笑い声が飛び交い、楽しい空気に包まれている。

 

「実は私、ネクラでもあるんです(笑)。小1のときは、教室にお気に入りのぬいぐるみを持っていって、そのコとずっと話していました。今でも許されるなら、現場にぬいぐるみを持って入りたいぐらいです。ふふふ」

関連タグ: