image

 

「こないだの夜もNHKを見ていたら、明菜が歌う場面が流れてね……。いつの間にか、私は大号泣。涙が止まりませんでした。あの子とのいろんなことが走馬灯のように頭の中をよぎってね。家族で連絡を取れないのは、あの子だけですから」

 

そう言って目を伏せたのは、中森明菜(52)の実父・明男さん(83)。11月にはニューアルバム『CAGE』もリリース。“行きたいディナーショー”第1位に選ばれるなど、今も絶大なファンの支持を誇る明菜。

 

本誌が報じたとおり明菜は家族に22年前から一切連絡せず、一家は断絶してきた。それでも我が子・明菜を陰ながら見守り続けている明男さんは週3〜4日、働きに出ながら都内の自宅で暮らしている。

 

「耳も遠くなってね……。今では補聴器を使ってもあまりよく聞こえないんですよ」

 

そう断りながら、本誌のインタビューに応じてくれた。

 

「去年、明菜のディナーショーに行こうと思ったけれど、やめたんです。でも後で本当に悔やんでね……。私ももういつ逝ってもおかしくない歳ですから。まだ結婚しないで家に残ってる(明菜の)妹の明穂もね、明菜がテレビに出るんじゃないかと、歌番組があるとテレビをつけては『小泉今日子ちゃんは今日も出ていたのに、なんでうちのお姉ちゃんはテレビに出ないの?』って言いながら、毎日、目を皿のようにして見ています。ディナーショーにも“行きたい、行きたい”と言っていましたから」

 

明男さんは「ぜひ明菜に伝えたいことがある」という。

 

「じつは明菜の一番上の姉に、この3月、孫が生まれたんですよ。明菜によく似た女の子で、あの子からは大姪に当たります。明菜もそんな歳なんですよ。それをあの子に伝えてほしいんです。祝ってあげてほしいと……」

 

そう明男さんは目を細めた。

 

「明菜が七五三をあげた赤坂の日枝神社に、新年、家族全員で行きたいねえ……。明菜と

会えたら……涙で言葉が出ないかもしれません」

 

11月上旬、明菜のファンクラブ会報がファンに届いた。

 

「みんなの笑顔を思ってがんばってる、あたしです」

 

年老いた父親のことも、思い出してあげてほしいーー。

関連タグ: