image

 

58年に創刊され、多くの芸能人が登場してきた『女性自身』が2800号をむかえた。彼らは今、何をしているのか。“意外なその後”を大追跡!

 

82年、『ジェームス・ディーンのように』がヒットした横浜銀蝿の元メンバー、Johnnyこと浅沼正人(59)。

 

現在はキングレコード第2クリエイティブ本部長と、傘下のベルウッドレコードの代表取締役として、AKB48のスーパーバイザーや『トイレの神様』の植村花菜の担当を務めているという。

 

本人がこう明かす。

 

「正直、ミュージシャンで食えなくて、家族のために入社して29年。今の社員は横浜銀蝿のころの僕を知らない子ばかり。メンバーとは25周年のときに連絡したくらいで、お互い忙しいのでほとんど会うことはないですね。ずっと頑張ってきたし、早めにリタイアして、今度は仕事じゃない音楽をやりたいね」

関連タグ: