image

 

石田純一(63)の妻でプロゴルファーの東尾理子(42)が12月27日、東京・松屋銀座で「草乃しずか展~煌く絹糸の旋律~」の一般公開前ゲストとして会場を見学した。

 

現在妊娠6カ月の東尾は、成人式以来の華やかな振袖姿で登場。おなかの周りを帯で締めているが「苦しくないです。かっぷくのいい、女将みたい」と笑った。

 

しかし、ネット上では彼女の振袖姿にこんな疑問の声がーー。

 

≪既婚者は振袖って着ないんじゃないの≫

≪既婚で妊婦が振袖ってイベント主催側の人選ミス≫

≪女将は振袖は着ないよ≫

 

たしかに振袖といえば、10~20代の未婚女性しか着ないイメージ。実際はどうなのか?

 

着物マナーに詳しい着付け師範の50代女性はこう語る。

 

「実は、振袖に厳密な年齢制限はありません。また未婚女性は振袖、既婚女性は留袖というのはあくまで目安。絶対的な決まりではありません。とはいえ、東尾さんは40代で妊娠中。多くの人が違和感を覚えるのであれば、その着こなしは粋とは言えないかもしれませんね」