image

 

17年12月27日、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の2時間SPが放送され、安田大サーカス・クロちゃん(41)に話題が集まっている。番組では、クロちゃんの1日先の行動をツイートするTwitterアカウントを開設し、実際に出来事が降りかかる様子を10日間観察するドッキリ企画「フューチャークロちゃん」が放送された。

 

モデル“レイちゃま”こと小林レイミ(27)が連日デートに誘うと、次第にクロちゃんは本気に。彼女が席を立っている間に彼女のグラスに口をつける“奇行”も話題となったが、最後はレイちゃまが仕掛けたドッキリと判明。号泣するクロちゃんの姿に、爆笑と同情の声が多く上がった。また、学園祭のイベントに出演した際には、特設ステージの落とし穴に落下したクロちゃん。

 

これについて「かわいそうだなと思った俺は水曜日(のダウンタウン)のスタッフにはなれないな」と、クロちゃんに宛てに視聴者からリプライが。クロちゃんは28日17時ごろ、そのツイートを引用し「ならなくて良いしんよー。あの人達は地獄の軍団だから。やばいシンドロームだしん!!」と返信。それに対しても「面白かったです!」「もう一回見たい!」という声が殺到している。