image

 

今年1月、映画『サラバ静寂』で1人の女性モデルが映画デビューを飾ったことが一部で報じられた。モデルの名はSUMIRE(22)。じつは彼女、浅野忠信(44)とChara(50)の娘なのだ。

 

「2月には二階堂ふみさんと吉沢亮さんが主演した映画『リバーズ・エッジ』にも出演しましたが、この4月から大手事務所に移籍して、本格的に女優業を始めるそうです。偉大な両親を持つだけに、彼女への期待はとても大きいものだと聞いています」(芸能関係者)

 

浅野とCharaが離婚したのは、9年前の09年。SUMIREは現在も母親のCharaといっしょに暮らしているが、浅野との“確執”はまったくないという。

 

「それどころか、浅野さんはSUMIREさんをとてもかわいがっていますよ。その証拠に、ちょうど1年前には、ラフォーレ原宿の大看板に浅野さんとSUMIREさんが親子3人で登場したこともありました。また浅野さんが組んでいるバンドのライブにSUMIREさんが顔を出し、インスタグラムにツーショット写真を投稿したこともあります」

 

だが今回、彼女が移籍するのは父親とはまったく別の芸能事務所だという。

 

「父親を頼るつもりはまったくなかったそうで、自分のツテで大手事務所との契約にたどりついたと聞きます。ただ浅野さんからすれば、もう少し頼ってほしいという気持ちがあるかもしれません(笑)。あまり“パパの顔”を見せない人ですが、娘の“よき理解者”でいたいという強い気持ちがあるそうです。きっと、女優業に踏み出す娘さんのことをヤキモキしながら見ているんでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 

父親譲りの「不思議な雰囲気」を持っているというSUMIRE。ゆくゆくはハリウッドスターでもある父すら超えるような大女優になってほしい。