剛力彩芽(25)が7月24日までに自身のインスタグラムからほぼすべての投稿を削除した。発端は、7月16日の投稿。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前澤友作社長(42)のプライベートジェットでW杯観戦へ行った剛力だが、その写真を掲載したところ「はしゃぎすぎ」と批判が殺到したのだ。

 

投稿削除前の7月22日、剛力は「私の投稿やコメントで応援してくださっている皆さまに、ご心配をおかけしてしまい申し訳ありません」と謝罪。あまりの炎上ぶりに、周囲からは心配の声が上がっている。

 

さらに、彼女を悩ますのはこれだけではなかった。それは、前澤氏の独特の“結婚観”だ。資産5千500億円ともいわれ、数々のアート作品を買い集めることでも知られる富豪恋人。恋のライバルも多いだろうが、結婚する上でも大きな“障壁”が待っているのだ。

 

「前澤氏は『座右の銘は一夫多妻制』『結婚歴はないが、2人の女性との間に3人の子供がいる』と報じられているほどの“異端児”です。2人の女性たちには今でも多額の金銭的フォローを行い、子供たちの面倒を見続けているそうです。紗栄子さん(31)も前澤氏と15年から交際しており、一時は“結婚秒読み”とまで言われていました。しかし、やはりゴールインとはなりませんでした……」(スポーツ紙記者)

 

そうした女性や子供達の存在が、結婚を考える際に重くのしかかってくるという。

 

「前澤氏に新しい彼女ができると、この女性たちから“プレッシャー”がかかるそうです。前澤氏のもとへ頻繁に連絡が来るようになり、『子供が今度〇〇をやることになった』と言ってサポートを求めてくるみたいで……。彼女たちからすれば、『彼が別の女性と結婚したら、自分や子供の援助が減る』という思いもあるのかもしれません。ただ自分にではないにせよ、間接的にこうした圧をかけられては剛力さんもたまったものではありません。ましてや結婚となれば、よりプレッシャーは大きくなってくるでしょう」(前澤氏の知人)

 

12年、結婚イベントに出演した剛力は「(剛力姓は)できればなくしたくないですね。いざ、そのときになってみないとわからないけど。できれば受け継いでいきたい」と語っていた。家族愛ゆえに自身の姓にこだわりを持ち、相手の“婿入り”を希望している剛力。数多くの障壁を乗り越え、その夢をかなえることができるのだろうか――。