里田まい第2子妊娠!NY孤独なママ生活支えた田中将大の献身

田中将大(30)が3月25日、妻・里田まい(34)の第2子妊娠を発表した。

 

自身のTwitterアカウントで田中は《この度、第2子を授かりました》と報告。さらに《出産は6月頃の予定です》と明かし、《新しい家族が増えることを嬉しく思い、今からとても楽しみにしております。是非、温かく見守っていただけたら幸いです》と呼びかけた。

 

日本を代表するメジャーリーガーの嬉しい報告に、Twitterでは《おめでとうございます!今季さらなる活躍を楽しみにしています》《おめでとうございます 奥様、お大事にされて下さい》といった祝福の声が上がっている。

 

田中と里田は12年3月に結婚し、16年2月に第1子となる男児が誕生。実はその長男も、メジャークラスの超大物ぶり!というのも生後3カ月で1歳児並みの大きさとなり、ベビー服はピチピチ。夜泣きも豪快であったため、当時の里田は四苦八苦したようだ。

 

「ニューヨークという慣れない環境での孤独な子育ては、里田さんにとって大きな負担となりました。ホルモンバランスも崩れたため、不安定な気持ちで泣きながら田中さんにストレスを訴えたことも。そんなとき田中さんはいつも黙って聞いてくれて、里田さんを優しく包み込んでくれたそうです」(現地球団関係者)

 

また田中は育児にも積極的だという。

 

「留守しがちなことを申し訳なく感じているため、田中さんはできる限り育児に参加するよう決意。またそうするなかで、普段育児を任せている里田さんに尊敬の念を抱いたといいます。育児を通して、2人の愛はさらに深まったようです」(前出・現地球団関係者)

 

新しい家族の誕生で、その絆はいっそう固く結ばれそうだ。