土屋太鳳 4度目の留年決断!女優業多忙も退学はせず8年生へ
映画に舞台と多忙な土屋。

「最近の土屋さんは、Netflixで世界配信される『今際の国のアリス』や映画の撮影でほぼ休みなし。また、6月と10月には主演舞台も2本控えています」(舞台関係者)

 

多忙な日々を過ごしている土屋太鳳(24)。女優業以外にも活躍の幅を広げ、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の人気企画「ゴチ」にレギュラー出演。昨年末に同企画から卒業したばかりの土屋だが、その裏で“人生の岐路”に立たされていた。

 

「忙しさから、土屋さんは大学の授業に出席できていない状況が続いているようです。1月に行われた学部の卒業公演にも出席しておらず、名簿に名前が掲載されていなかったといいます。そのため一部では『中退してしまったのでは……』という噂も流れています」(学校関係者)

 

’13年に日本女子体育大学へ入学し、舞踊学を専攻している土屋。学業と芸能活動の両立に悩んでいるようだ。

 

「実技が中心の体育大学では、単位を取るために授業への出席が欠かせません。土屋さんも入学当初は順調だったのですが、朝ドラの撮影が始まった’14年ごろから欠席が増えました。留年を重ね、現在は7年生として在学しているようです」(前出・学校関係者)

 

これまでも広末涼子(39)やNEWSの手越祐也(32)らが、両立の難しさから大学中退を選択。卒業までの道のりは険しい。真相を確かめるべく、同専攻で講師を務めるダンサーの石川浩子氏に話を聞くと意外な返答が。

 

「私たち講師の間に、『退学した』という話は回ってきていません」

 

土屋の同窓生もこう明かす。

 

「土屋さんは中退していませんし、その意思もないと聞いています。8年生として、来年には卒業できるよう努力しているそうです」

 

4度目の留年という苦渋の決断をくだした土屋。そこには学業にかける並々ならぬ情熱があった。

 

「もともとダンスをやっていたこともあり、土屋さんは大学での授業が大好きなんです。以前、学内の公演で『舞踊学専攻は私にとって誇りです』と語っていました。投げ出すことが嫌いな土屋さんは『何としても授業に出て大学を卒業する!』と、友人に話しているそうです」(前出・学校関係者)

 

土屋は学業への思いを『FRIDAY』’16年4月22日号でこう語っていた。

 

《仕事の両立は……最近難しくって。でも芸能人だからって特別扱いはイヤなんです。きちんと学んで、何年かけてでも卒業します!》

 

“4度目の正直”の結末はーー。

 

「女性自身」2020年2月11日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: