小倉優子 臨月なのにパパ不在…再婚夫と連絡途絶すでに半年
画像を見る

「優子さんも臨月に入っており、もういつお子さんが生まれてもおかしくありません。そんな状況で、ご主人とは直接連絡もとれないわけですから、不安も募っているでしょうね」

 

小倉優子(36)の知人が、本誌にそんな心配を漏らしていたのは7月上旬のことだった。

 

彼女が’18年12月に再婚した歯科医師・Aさん(46)との間に新しい命を宿したことを公表したのは、今年2月。だが、そのときにはすでに別居しており、翌月にはその事実が報じられた。

 

本誌は結婚前にAさんの実母を取材したことがある。その際は、「(優子さんに)実際にお会いしたら、きれいなだけでなく、とてもしっかりした女性という印象を受けました。(息子と優子さんのことは)私も見守っていきたいと思っています」と、交際を心から喜んでいた様子だった。

 

しかし今年5月末に再訪したときには、しており、口調も硬くなっていた。

 

次ページ >再婚夫の母が語った小倉への“一言”

関連カテゴリー: