落胆、取り乱し…渡部会見で明かされた妻・佐々木希の胸中
画像を見る

アンジャッシュの渡部建(48)が12月3日、都内で19時から記者会見を実施した。

 

不倫騒動が報じられて以来、自粛していた渡部。記者から不倫発覚後の妻・佐々木希(32)の反応を問われると、「落胆していた」「ものすごく取り乱していた」など憔悴ぶりを明かした。

 

謝罪したというものの、「すぐには受け入れられないですし、どれだけ謝罪してもすぐに『分かりました』ということではない」とコメント。佐々木からは「今までの生き方が間違っていたのではないか。これからの人生で信頼の回復をしていくべき」と叱責されたという。

 

記者から「家族が受け入れてくれる理由は?」と聞かれると、「やっぱり家族というものがあって、子供のこともありますし、家族でもう一度力を合わせてやっていきたいというのを思ってくれていると思います」と回答した。

 

6月に応じた『週刊文春』の単独インタビューでは、「今まで浮気が妻にバレたことは1度もありませんでした」と明かしていた渡部。

 

だが最初に直撃取材を受けた直後、佐々木にバレないよう隠ぺいを企んだという。「結婚前のことにできないかということで、相手女性に電話して口裏を合わせてもらうような電話をしてしまいました」と説明した。

 

また他の芸能人の不倫報道も知っていたが、「自分は大丈夫じゃないかと思っていた」と過信していたという。

 

ひとまず離婚を回避した渡部だが、現在は「信頼を取り戻している最中」だという。

 

「佐々木さんは、騒動直後にインスタグラムで渡部さんに代わって謝罪しました。世間から強いバッシングを受ける夫を見放さず、『私が彼を更生させる』と決意したのです。渡部さんは会見で違約金を全て支払ったと明かしましたが、収入はゼロ。佐々木さんが“一家の大黒柱”として、この先も働かなければならないでしょう」(芸能関係者)

 

落胆、取り乱し…渡部会見で明かされた妻・佐々木希の胸中
画像を見る ひとまず離婚を回避した渡部だが、現在は「信頼を取り戻している最中」だという。

 

そんな家族のために奮闘を続ける佐々木に対し、渡部はこう反省の弁を述べた。

 

「僕がこんなことをしてしまったせいでどこへ行っても好奇な目で見られてしまうなか、気丈に振る舞っていると聞いて本当に心苦しいですし、深く反省しています。これからの人生で信頼を回復したいです」

 

そして再起を誓ういっぽうで、「何十年か振り返って、この騒動があってあなた良かったんじゃないのと言ってもらえるような人生にしていこう」と妻から励まされたことも明かした。

 

夫を支える決意をした佐々木に、エールが広がっている。

 

《のんちゃんの幸せを願うよ。大好きのんちゃん。いつでも味方だよ》
《これからだぞ渡部。こんな事して「何十年もたった後に、この騒動があって良かったって思えるようにしたいね」って、言ってくれた佐々木希をこれ以上傷つけるんじゃないぞ》
《佐々木希ちゃん頑張れ!! 渡部しっかりしろ!!》

関連カテゴリー: