綾瀬はるか 医師が懸念するコロナ後遺症…台本覚えに支障が出ることも
画像を見る

「綾瀬さんは入院したときも、自分の体調のこと以上に『皆さんにご迷惑かけてホントすみません』と何度も仕事関係の方々に伝えていたそうです」(芸能関係者)

 

8月31日、綾瀬はるか(36)が新型コロナウイルスに感染し、肺炎により入院中であると所属事務所から発表された。

 

「8月20日夜、微熱があり抗原検査を受けたが陰性。翌日も都内の病院でPCR検査を受け陰性。しかし、その後も発熱が続き、26日に再度抗原検査したところ、陽性判定。自宅療養をしていましたが、肺炎の症状が出たため都内の病院に入院となりました。一部では中等症とも報じられていましたが、現在の病状は回復に向かっているとのことです」(スポーツ紙記者)

 

帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授は言う。

 

「綾瀬さんのように新型コロナ肺炎で血中酸素濃度がかなり下がっていても、本人に自覚がないことが多いんですね。周囲の人が“平気かな?”と目を離した隙に倒れているようなこともありえるので、入院時は急変を含め、現場は緊迫していたかと思います」

 

病院では、どんな治療が行われているのだろうか。

 

「確実に投与されているのは『デキサメタゾン』というステロイドの点滴です。酸素吸入も当然されていたと思います。症状にもよりますが、通常2~3週間程度は入院となります」

 

今年、女優デビュー20周年を迎える綾瀬は、今年1月期の連ドラ『天国と地獄』(TBS系)で主演を務めていた。

 

「高橋一生さん(40)との迫真の入れ替わり演技で評判となり、平均世帯視聴率が15.3%を記録。彼女の代表作のひとつとなりました。今春公開の主演映画『奥様は、取り扱い注意』も興行収入10億円を突破。『タレントパワーランキング2021』女優部門でも新垣結衣さん(33)を抜き首位の座を奪還するなど、勢いが衰えることはありません」(テレビ局関係者)

 

次ページ >「肺炎までいくと後遺症として“息苦しさ”が残る人が多い」

出典元:

「女性自身」2021年9月21日号

【関連画像】

関連カテゴリー: