GACKT「24時間意識がなかった…」死線さまよった深刻病状を独占告白
画像を見る

「これが初めてじゃないし。過去に何度も起きてることだから、慣れてるつもりだったんだけど。今回はちょっと思ってたよりもキツかったというか。年なのかな。ビックリしたよ。ここまでひどくなるって……」

 

メールインタビューで本誌にそう明かすのはGACKT(48)だ。9月8日、彼の所属事務所から電撃発表があった。

 

「帰国後、体調不良を訴え、容態が急変。持病である神経系疾患がきっかけとなり、一時は生命の危機に。さらに重度の発声障害を併発したため無期限活動休止する」

 

同日、GACKTはインスタグラムで改めて病状を説明した。彼を知る音楽関係者は言う。

 

「地中海・キプロス島から8月6日に仕事のため帰国しましたが、数日後に体調が急変。幼少期から患っている神経系疾患をきっかけに一時は命にも関わる状態にまで陥ったとか。体調が悪化した状態が3週間ほど続きましたが、現在容体は安定するも体重が10キロ減ったと打ち明けていました」

 

幼少期の神経系疾患に関して、GACKTは本誌での連載をまとめた’03年発売の著書『自白』にて当時を振り返り、こう綴っている。

 

《10歳になったころ、僕は突然倒れてしまった。胃、内臓が激痛により、動けなくなった。 病院に運ばれた後、原因不明だと言われた。まだ発見されていない伝染病かもしれない、と。そして、いきなり隔離された。隔離されて、監禁され、鉄格子の付いた病棟に放り込まれた。子供ばかりだったことから、おそらく小児病棟だったと思う》

 

次ページ >「丸一日意識がなかったとスタッフから聞いたよ」

出典元:

「女性自身」2021年9月28日・10月5日合併号,

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: