山下智久『コードブルー』ロケ地病院の危機救ったクラファン“1千万円”支援
画像を見る

《撮影でお世話になった北総病院。そして全ての医療従事者の皆さまに心から感謝致します》

 

9月27日、Twitterにこう投稿したのは山下智久(36)。

 

「山下さんが言及した北総病院こと日本医科大学千葉北総病院は、山下さんが主演を務めるドラマ『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)のロケ地。さらに同院の医師が、医療監修も務めています」(芸能関係者)

 

実はこのツイートには、北総病院のインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングサイトへのリンクも載せられており、協力を呼び掛けていた。

 

「今回のクラウドファンディングは、高度な救急治療処置の訓練用シミュレーターを購入するため。これまで北総病院は、資金を“命に直結する”医療機器などに使っており、未来を担う医師を育てるために不可欠で、すでに多くの救命救急センターで導入されているシミュレーターがないのです。目標金額は2千万円。達成できなければ、支援金を1円も受け取ることができない形式での挑戦でした」(前出・芸能関係者)

 

しかし、期限3日前に集まっていたのは約1千500万円。そんな危機を知った山下は冒頭のようにツイートし、ロケ地のピンチをフォロワーに伝えた。

 

これが功を奏し、3時間後には目標金額の2千万円に到達。“コード・ブルー病院”を救い、未来へのバトンをつないだのだった。そして最終的な支援額は約2千600万円にのぼった。

 

次ページ >病院も「あの手助けが…」と山下に感謝

出典元:

「女性自身」2021年10月26日号

【関連画像】

関連カテゴリー: