image

 

「VRは、新感覚でした!すごい!とても楽しかったです。無条件で盛り上がれるから、デートにいいですね!」

 

本誌『旬男撮り下ろしシリーズ・デートしようよ』撮影で訪れた新宿・歌舞伎町の超現実エンターテインメント『EXPO VR ZONE SHINNJUKU』でそう話すのは、俳優の白洲迅(24)。最先端のVR技術と体感マシンの組み合わせで、各アトラクションの世界に実際に飛び込んだような感覚を楽しめる最先端スポットだ。

 

「僕の理想は食べ歩きデート。ロードバイクが趣味なので、一緒にロードバイクでお店を回れたら最高です。……といいつつも、デートではお互いがやりたいことを優先してやれたらいいなと思います」(白洲・以下同)

 

そんな、彼の理想の女性とはどんなタイプなのだろう?

 

「元気な女のコが好きで、髪を結ぶしぐさや、髪を片方だけ耳にかけていたりするとキュン。あとはラーメンを一緒に食べてくれる女のコも高ポイント(笑)。でも僕、自分からはあまりアプローチができなくて……。“いかにも”なシチュエーションではなく、たとえば帰り道とか、自然な流れで告白できたらいいな、と思いますね」

 

現在、公開中の映画『リンキング・ラブ』に出演しているほか、放送中のドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系・火曜21時〜)では、初の教師役に挑戦している。

 

「嫌なことからは逃げてもいいけど、生きることからは逃げるな、という大きなメッセージがあります。現役の学生、親御さん、学校の先生にも見ていただき、少しでも影響を与えられたらうれしいです」

関連タグ: