小芝風花語るトクサツガガガの裏側「ヒーローが支えでした」

1月クールのドラマもまもなく終わりを迎えようとしているが、ドラマファンが熱狂した1つの作品があった――。それはドラマ10『トクサツガガガ』(NHK総合・全7話)。3月1日には最終回を迎えたが、放送終了直後から続編を希望する声が殺到するほどの人気ぶり。そしてその人気の中心にいるのが、主人公・仲村叶を演じた女優の小芝風花(21)だ。屈託のない笑顔で、撮影時の思い出を語ってくれた。

 

「和気あいあいとしていて、スタッフさんとも仲が良かったんです! 誰かしらずっと笑っているような現場でした。だからクランクアップになっても泣かないだろうなあって思っていたのですが、最後の撮影が終わったらみなさんどんどん集まってきて、監督が後ろに花を隠し持っているのとか見えていて(笑)。でも、渡される前に自然とわあ~!っと涙が。『あれ? 私、全然泣くつもりじゃなかったのに!』と思いましたが、涙があふれてきました。」

 

小芝が演じたのは特撮ヒーローに熱中する24歳のOL。撮影中は演じた叶同様にヒーローが心の支えだったようだ。

 

「私も原作を読んだときに『これをNHKさんでやるんだ!』って、全然想像できなくて。でもヒーローのビジュアルを見たときに、『これは原作ファンのかたも満足していただけるだろうな』って確信しました。あとは『私がお芝居頑張んなきゃ!』って。そんななかヒーローたちは本当に支えになってました。ヒーローが撮影に来る日はみんなテンションが高くなってました(笑)。」

 

しかし、漫画の実写化ならではの苦労もあったという。

 

「心の声が多いので、どこまで表情に出していいのか難しかったです。原作が漫画なので原作ファンの方から『イメージが違うよ』って言われたりして……。役と自分の年齢も離れていたことで『ちょっと若すぎるんじゃない?』っていう声もたくさんいただいてすごく不安はありました。でも、コメディタッチでメリハリのある作品は好きだったので、楽しくできたらいいなあと思っていました」

 

その結果、特撮ファン以外からもオタクの機微を表現しきった小芝の演技は絶賛の嵐で迎えられた。しかし、本人はいたって自然体だ。

 

「コメントで『ヒーローショーを見て、目をひん剥いているところとかすごいわかる!』とか言ってくださったりしたんですけど、自分では無意識だったんです。特撮オタクの助監督さんも『風花ちゃん、オタクの才能があるよ! もうそれにしか見えないよ!』って言っていただいたんですが、オタクだからこうしようというのはとくに考えていませんでした。撮影をしていくうちにシシレオーやエマージェイソンといった、ヒーローたちのことをどんどん好きになっていくんです! 普通にヒーローショーを楽しんで見ていただけなんです!」

 

オタク仲間である倉科カナ(31)演じる吉田さんや木南晴夏(33)演じる北代さんとの交流もドラマの大きな魅力。劇中同様、プライベートでも親交を深めていったようだ。

 

「先輩方にすごく優しくしていただいて、倉科さんは焼肉に連れて行ってくださいました! 木南さんや他のみなさんともご飯にいきました。カミナリのまなぶさん(30)からはクランクアップの日に『この現場をめちゃくちゃ楽しみにしていたんです』と聞いて、『なんでそれをもっと早く言ってくれなかったんですか!』って(笑)。寺田心くん(10)とは公園でのシーンが多かったので、休憩中も砂に線を引いて◯×ゲームをやったりしてずっと2人で遊んでいました」

 

いっぽう劇中最大の敵が、松下由樹(50)演じる特撮を毛嫌いする叶の母・志。第6話での胸が詰まる対決シーンは大きな話題となったが、小芝自身にとって母は最も欠かせない存在だった。

 

「やっぱりいちばんは母ですね。母はどっちかって言うとヒーローかな。ヒロインなんて、そんな可愛いもんじゃないんです(笑)。怖さで言うと作中の松下由樹さんに負けていないくらい、怒ったら怖いんです。それでも、どんなときも支えてくれました。母は『頑張る子は応援するよ』といつも言ってくれて。フィギュアスケートも、今の芸能生活も応援してくれています。親なので見る目も厳しいんですけど、『これ良かったね!』って褒めてもくれるのですごく感謝しています。あんな母になりたいです。やっぱり母の子で良かったなって、本当に思う機会がいままでもたくさんあったので」

 

そんな母の支えも受けながら、小芝はさらなる高みを見据えている。

 

「怖い役をやってみたいです。今回みたいなコメディタッチの役もすごく楽しいんですけど、いままで真面目でいい子の役が多かったので真逆の役をやってみたいです。猟奇的な役や二面性のある役とか、いろんなお芝居に挑戦してみたいです」

 

最後に、これまでの女優人生を振り返りつつ今後について明るく語ってくれた。

 

「不安はもちろんあります。全然まだまだですけど、デビューして8年目に入り、これまで頑張ってきたことが今に繋がっていると思うんです。私が出演した作品をすごく好きになってくれた方からたくさんコメントをいただけたりすると、頑張ってきてよかったなって思います。それと今まで関わっていただいたすべての方々に、感謝の気持ちを伝えられるよう頑張ります!」

 

【フォロー&RTプレゼント】

小芝風花さんのサイン入りチェキを3名様にプレゼント! 応募方法は、3月22日(金)24時までにTwitterでWEB女性自身の公式アカウント(@jisinjp)をフォロー&プレゼント告知ツイートをRT(リツイート)。当選された方にはDM(ダイレクトメール)にて、応募フォームのURLをお送りします。

 

<注意事項>
・TwitterでWEB女性自身の公式アカウント(@jisinjp)をフォローし、該当ツイートをRT(リツイート)していることが当選の条件となります。
・プレゼントに当選された場合、プレゼントがお手元に届くまでフォローを解除しないでください。
・アカウントを非公開にされている場合は、DM(ダイレクトメール)をこちらから送ることができませんのでご注意ください。
・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
・賞品に関するご質問、抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。
・当選者の方に入力していただいた応募フォームの内容は、賞品の発送にのみ使用させていただきます。そのほかの目的には使用いたしません。
・当選賞品の権利の譲渡、および換金はお断りいたします。

関連カテゴリー:
関連タグ: