Snow Man渡辺翔太「学園ドラマのキスシーンにキュンとする」

昨年、3人の新メンバーが加入し、1月に念願のデビューを成し遂げた新生Snow Man。1stシングルはミリオンを達成し、デビュー1年目にして冠番組を持つなど、ただいま大活躍中! 10月7日には、2ndシングル『KISSIN’MY LIPS/Stories』が発売。そんな、Snow Manメンバーの知られざる魅力とその素顔に迫ります。

 

■渡辺翔太(27)

 

ーーSnow Manってどんなグループ?

 

「みんなが見ている方向が同じで、パフォーマンスでもそれ以外でも、常に一体感がありますね」

 

ーー自分のチャームポイントは?

 

「歌でグループを引っ張っていける存在になりたいと思って、いま頑張っています。バラエティでは、毒を吐く担当です(笑)」

 

ーーほかのメンバーの魅力を教えて!

 

「阿部亮平→たくさんテレビに出て、Snow Manの入口になってくれてる。岩本 照→パフォーマンスの核になる存在。佐久間大介→いい意味で空気を読まない(笑)。深澤辰哉→長男的な役割を担ってくれてる。宮舘涼太→何をやらせても器用にこなす。向井康二→関西人らしいおもしろさがすごく好き。目黒 蓮→見た目が華やかなビジュアル担当。ラウール→Snow Manの顔。引っ張っていってもらう大事な存在」

 

ーー最近のマイブームや、ハマっていることは?

 

「少しずつ、顔だけじゃなくて体にも意識が向くようになって。今は、3日に1回ジムに通って筋トレをしています。以前よりもアクティブになった気がしますね」

 

ーー個人で挑戦してみたいことはある?

 

「コスメのCMとかプロデュース。カッコよくいるために努力してるってことをあえて発信していきたい」

 

ーー新曲のタイトルにちなんで、理想のキスについて教えて!

 

「学園ドラマのキスシーンにはキュンとします。体育館裏とか誰もいない教室とか、『こんなところでしていいの!?』っていう、スリルがあるのがいいですよね」

 

ーー最後に、メンバー9人で達成したい目標を教えて!

 

「バラエティ力を磨いて、パフォーマンスのカッコよさとのギャップをより極めたい!」

 

「女性自身」2020年10月20日号 掲載

関連カテゴリー: