橋本マナミ「じつは同郷…峯田和伸さんと山形弁で盛り上がって」
画像を見る

「碧は、ずっと山形にとどまって寛一を思い続けていて。素朴で一途ですけど、恋愛に素直になれないんです」

 

そう話すのは、昨年11月に一般男性と結婚、今年7月には第1子を出産した橋本マナミ(36)。

 

年越しの日本、台湾、マレーシアの3つの国を舞台に不器用な3組が織り成す恋の行方を描いた映画『越年 Lovers』(12月18日・山形、仙台先行公開。1月15日全国公開)で、山形で数十年ぶりに寛一(峯田和伸・43)と再会する碧を演じた。

 

「私は、秘める思いとか全然なくて『私は好きだけど、どう思ってんの!』って直接聞いちゃうような性格なので、演じるなかで山形にいたころの純真な気持ちを思い出しましたね」

 

今作で初共演となった峯田は、同じ山形出身。撮影中には意外な真実を知ったという。

 

「峯田さんはすごく自然にお芝居されるので、最初は一緒に演技するのが怖かったですね。ただ、休憩中に山形弁を教え合ったりしているなかで、会う前の印象のままで素朴な方だなって感じました。実は、撮影期間中に峯田さんが銀杏BOYZのメンバーだと知って……こんな多才な方と、一緒にお仕事できてうれしかったです!」

 

「女性自身」2020年12月22日号 掲載

関連カテゴリー: