Hey! Say! JUMPデビュー15年目で語るカラオケ大会の思い出
画像を見る

いよいよ、デビュー15年目に突入したHey! Say! JUMP。11月24日には、15周年イヤー第1弾シングル『Sing-along』が発売。そんな、Hey! Say! JUMPの8人に、「自分にとってほかのメンバーはどんな存在か」をそれぞれインタビュー。お互いへの感謝をあらためて言葉にしてもらいました。思い出話に花が咲いた座談会も要チェックです!

 

――自分にとってほかのメンバーはどんな存在?

 

■山田涼介(28)

有岡→幼馴染みみたいな感じ。最近はサウナーのイメージが強い(笑)。
伊野尾→バラエティで、斬り込み隊長をやってくれる(笑)。
高木→みんなのお兄ちゃん。最近、メンバーをまとめる機会が増えた気がする。
知念→相棒かな。お互いのことを理解し合ってるから、あうんの呼吸ですね。
中島→ライバル。比較されることも多かったし、今でもいい意味で意識してますね。
八乙女→グループの緩和剤。いるだけで場が和みます(笑)。
薮→グループ内での役割が似てるんですよね。ライブ中に、目だけでコミュニケーションを取ったりできます(笑)。

 

■中島裕翔(28)

有岡→物知りで情報通。気遣いができる人だから、いつも助けられてます。
伊野尾→発想が柔軟で、いろいろ気づかされることが多いです。
高木→実は子どもっぽいところがあってかわいい(笑)。芯があっていいなって思います。
知念→聞き上手。高校のときはとくに、精神的に支えてもらってました。
八乙女→昔と比べると赤ちゃん返りしてる(笑)。変顔もうまいんですよ。
薮→グループをまとめるお兄さま。いつも気にかけてくれてるなって感じます。
山田→すごく尊敬していて、いろいろ勉強になります。率直な人だから、ほめられるとうれしい!

 

■知念侑李(27)

有岡→勝手にリーダーって呼んでる(笑)。同期だし、音楽の趣味も合うし、特別な縁を感じます。
伊野尾→初めて会ったとき、同じキーホルダーを持ってました(笑)。
高木→かわいらしい性格の人です。クールに見えて実は優しい。
中島→高校のクラスが一緒だったから、友達って感覚が強いです。
八乙女→想像がつかない人。よく不思議な受け答えをしていて笑っちゃいます(笑)。
薮→近所のお兄ちゃん。お互い実家が近いんですよ!
山田→いちばん一緒にいる時間が長い人。旅行に行くとき、いつも自動的にメンバー入りしていてうれしいです(笑)。

 

次ページ >高木雄也、有岡大貴、伊野尾慧の回答は?

出典元:

「女性自身」2021年11月30日・12月7日合併号

【関連画像】

関連カテゴリー: