さて、ご案内してくださるのは

京都シルク マネージャー・橋本明子さん。

Hasimotosan_2 橋本さん(以下橋):こんにちは!

美しい!![E:shine]

企画続行!

委員長(以下/委):はじめまして。

珠の肌パフ、使いました。

使用感はとても良いのですが、これを作るきっかけってなんだったんですか?

橋:唐突ですね(笑)。

弊社の社長はうちの母なんですが、
もともと、姉の背中黒ずんでいたことから始まるんです。

委:背中が……?

橋:はい。調べてみたら、黒皮症でした。

化学繊維のタオルなどでこすると

体質によって皮膚が黒ずむことがあるんです。

母は、若い娘の肌が黒くなってしまったことを気に病んで、

なんとかこれを治したいと思っていたところ

京都出身の母(橋本さんにとってはおばあさん)

着物の余り布で肌を磨く舞妓さんの話をしていたことや、

自分もあかぎれの手に絹を使った経験を思い出し、

(橋本さんにとっては叔父)と絹研究を始めたんです。

委:家族ぐるみの開発だったんですね!

橋:はい。

そうして、の成分が同じことや、
絹生地に体の汚れを落とす効果があることに着目し、

日本で初めてシルクスキンケアの製造、販売に至ったのが86年のことです。

もちろん、皆様のお肌に触れるものなので、

どの製品も「まずは自分たちで試してから」をモットーにしています。

委:絹って体の成分と同じなんですか。

橋:それについてもご説明しますよ。

次回、絹のポテンシャルが明らかに!!

 

3 使用3回目の委員長。月面に変化が?