ハタヨガの8つの規則

経典「ヨーガスートラ」は紀元前2世紀にパタンジャリ・マハリシによって編集されました。

この中に、ハタヨガを行う上での8支則が書かれてます。

この8つの規則をアシュタンヨガといいます。

アシュタは8、アンガは枝
という意味。

8つの枝に分かれて1つの木になる

image

 ※日本で皆がしってるパタビジョイスのアシュタンガヨガは、
ハタヨガ(体を使って心にアプローチする)の中の1つの流派なので、この8支則とはまた別。

ハタヨガを学ぶには、8つの段階をふんで進めていく事が、悟りへの近道になります。

  • ヤマ (禁戒)
  • ニヤマ (勧請)
  • アーサナ (体位)
  • プラティヤハーラ (感覚制御法)
  • ダラーナ (集中)
  • ディヤーナ (瞑想)
  • サマディー (三昧)          
          

1番目はまず、禁戒持ってはいけない心

2番目に歓戒持つべき心、進んですべき事

「良いことをしなさい」というのではなく、戒めが1番にきます。

嘘をつかない・暴力を振るわない・慎ましやか・盗まない・貪らない 

などあります。

以外にこれが完全に出来てる人は少ないので、まずコレ

そして、こういう心が無くなってはじめて、
持つべき心=進んでやるべきことが出てきます。

 

心にわだかまりがあっては、どんなに良い事をしても偽善です。

魂を真から開放するヨガ的な素敵な教えだと思いませんか?

そして、心の準備ができた所でアーサナ=ポーズで、体を正してしいく3段階目に進みま~す。

関連タグ: