image

 

「ターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます。頬が脂肪の重みで落ちてきて、ほうれい線が深くなってしまう。ファンデーションをつけて笑うと、そのままほうれい線の形が残ってしまうという人も。またルージュを塗っても、なかなか唇の縦じわを隠せなくなってしまいます」

 

そう話すは、50代向けコスメのプロデュースもする美容家の鈴木絢子さん。年を重ねると、若かったときに使っていた化粧品ではいろいろ不都合が出てくるという。

 

「そんな悩みを受けて、今オーバー50向けの化粧品が増えています。CMには小泉今日子さん(52)、真矢ミキさん(54)、沢口靖子さん(52)をはじめ、若々しく美しい新50代女性が多く起用されています」(鈴木さん)

 

さらに、資生堂の50代向け化粧品「プリオール」は“大人の七難”として「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」を挙げている。日本化粧品検定協会の代表理事・小西さやかさんは次のように語る。

 

「『おっくう』というのはこれまでにない悩み。まさに時短時代を反映しています。それを受けて、オールインワンタイプのようなラクできる化粧品が増えました」(小西さん)

 

はたして、どの化粧品を選べばいいのか。そこで、ドラッグストアで買える50代向けのおすすめルージュ商品を、鈴木さんと小西さんに教えてもらった。

 

年をとると、唇の縦じわが深くなってしまう。ルージュでカバーしようとしても、乾燥のために定着しにくい。そんな悩みに有効なのが、「プリオール 美リフトリップCC」(資生堂)。

 

「色落ちしにくいティントタイプなので、つけ直しの必要がない。すごく滑りもよく、塗りやすいです。発色もよく、ひと塗りで明るくなります」(小西さん)

 

もう1本は「コフレドールグラン ルージュエンリッチ」(カネボウ)だ。

 

「リキッドタイプのクリーミーなルージュで、チップ部分が大きくて、すごく塗りやすい。しっとり潤い、乾燥も気になりません」(小西さん)

 

鈴木さんもこう続ける。

 

「粘度が高いですね。ツヤ感も発色もよくて、顔色も華やかになります」(鈴木さん)

 

両方ともカラーバリエーションが多いので、自分にあった色を選ぶことができる。もし、縦じわと乾燥が気になるなら、一度試してみてはいかが?