美容家が語る「洗顔後のルール」タオルは半年で買い替える

「生きて、細胞が生まれ変わっている以上、肌は何歳からでも変わるはずです。私のサロンに来ている50代のお客さまも、“もふもふ洗顔法”によって、毛穴がみるみるきれいになり、肌質がみごとに変わりましたから。気づいたときが始めどき。早ければ1週間で、あなたの肌も生まれ変わりますよ」

 

そう語るのは美容家の石井美保さん。43歳の今もシワなし、たるみなしの透明感あふれる美肌の持ち主だ。主宰するサロンはなんと2年待ち。試行錯誤の末に確立した美容法で、多くの女性を美しく導いている。

 

「世の中に“まつげエクステ”がはやったころ、私もサロンを開くため、自分の目に施していたんです。すると、これまでのように“普通に”洗顔ができなくなってしまって。初期のエクステは、ちょっとでも触ると取れてしまったり、オイルクレンジングがNGだったり。何万円もかけて施術しているので、さて、どうしよう? と。考えあぐね、“こすらないで顔を洗う”ことに行きついたんです」

 

両手に洗顔料を泡立て、その泡を押すようにする“もふもふ洗顔法”は、こうして生まれた。

 

「肌の汚れは基本、泡をのせて少し圧がかかるだけで浮き上がるので、こすって落とすものではありません。ただ、その泡を顔全体に広げなければいけないので、この行為を“指でくるくる”とやってしまうんですね。洗顔料は最初から泡立てておくか、泡で出てくるものを使い、その泡を押してください。圧で自然と顔全体に広がり、汚れも浮き上がります。Tゾーンは少し多めに、頬など皮脂の少ない部分は軽めに。泡の量が少ないと指が肌に触れてしまうので、ケチらず使えるものを選びましょう。泡が顔全体にのったら、すぐにすすぎます。洗顔料がついているときは、肌のバリア機能がいちばん弱まっている状態なので、短く手早く! 私は10秒以内に済ませています」(石井さん・以下同)

 

洗顔後のルールは次のとおり。

 

■タオルに投資する

 

「フェイスタオルは、肌あたりが柔らかく、吸水性のよいものを厳選しましょう。タオルの繊維は意外と粗く、使っていくうちに摩擦も強くなります。私は半年に1度、まとめ買いしてすべて取り替えるようにしています。高価な美容液を新しく買うよりも、良質のタオルに買い換えるほうが美肌づくりには早い! と実感しています」

 

■保湿は「肌アイロン」で

 

いつもの保湿液で美容効果を上げてくれるのが、肌アイロン。

 

「シワの原因というのは、しゃべるときや表情のクセで、毎回、皮膚の同じ場所が折りたたまれることにあります。これをアイロンをかけるように指でなでることで、シワが伸び、小顔効果も期待できます。毎日、美容液やクリームを塗るときに行ってみてください」

 

保湿液をなじませたら、気になるシワを伸ばすよう、指を10回ほど優しくすべらせる。使うのは、力の入りにくい薬指と小指の2本。無理に伸ばすとその先にシワが寄るので、必ずもう片方の手で肌をピンと張った状態で行う。

 

『女性自身』の読者世代は、まずは家族のため、社会のためにと、自分をあとまわしにしてきた女性が多いかもしれない。

 

「でも、そろそろ“自分ファースト”で、もっと自分を大事にしてもいいのではないでしょうか」

 

と、石井さん。その最たるものが、肌づくりだ。

 

「50代以降というのは、若いころより変化が目に見えやすく、それがモチベーションにつながります。ほんの少し手間をかけるだけで、ほうれい線が薄くなったり、毛穴がつるっときれいになったり……自分の肌質ひとつで、自分自身を癒すことができるのだと、ぜひ知ってほしいのです。柔らかな動物を触るのと同じように、自分の肌が“いつもよりなめらか”という感覚は、癒しそのもの。すごくイヤなことがあっても、肌がピカピカだと、落ち込もうにも落ち込めなかったりするーー自分の肌は、自分のメンタルを支える相棒になりうるのです。肌の状態がよければ、メイクも薄くていいし、メイクが薄い人ほど若々しく輝いて見えますよね。私も50代でノーメイクでいられることが目標なんです」

 

「女性自身」2020年6月16日号 掲載

関連カテゴリー: