image

ドラマ『dinner』(フジテレビ系・日曜21時~)は、江口洋介(45)演じる変わり者の天才シェフ・江崎と、江崎が料理長を務めることになったレストラン・ロッカビアンカのスタッフの人間模様がおりなす群像劇。

 

ストーリーはもちろん、毎回登場する、生唾をのまずにはいられないおいしそうなイタリアンに“よだれが出ちゃう!”と評判だ。そこで、レストラン・ロッカビアンカの支配人役の倉科カナ(25)に、ドラマに登場したなかで実際に食べておいしかったお気に入りメニューを教えてもらった。(レシピ提供:エコール 辻 東京)

 

 

【ラディッキオ・アッラ・ミラネーゼ】

「3話で江崎さんが作ったラディッキオのフルコースの中の1品。ゴルゴンゾーラチーズが入っているのがすごくいいアクセントになっていると思いました」(倉科)

 

●材料(4人分)

ラディッキオ・プレコーチェ…12枚(またはトレヴィス…6枚)

生ハム…6枚

ゴルゴンゾーラ…120~160g

小麦粉…適量

ルーコラ・セルヴァティカ(またはルーコラ)…12枚

サラダ油、バター…各適量

 

≪衣≫

卵…4個

牛乳…大さじ4

パルミジャーノ・レッジャーノ…40g

生パン粉(細かいもの)…適量

 

≪マスタードの泡≫

マスタード…大さじ2  牛乳…350ml

 

≪生トマトのソース≫

フルーツトマト…2個

にんにくのみじん切り…1/2片分

エクストラバージン・オリーブ油…適量

塩、こしょう…適量

 

●作り方

1、ラディッキオをさっとゆで、12等分したゴルゴンゾーラのせて巻き、半分に切った生ハムで包んで丸く形を整える。(トレヴィスを使う場合は半分に切って使う。)

 

2、卵を溶きほぐし、牛乳、すりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノを加えて混ぜ合わせる。

 

3、(1)に小麦粉、(2)、パン粉の順に衣をつける。フライパンにサラダ油、バターを熱し、揚げるように焼く。

 

4、沸騰直前まで温めた牛乳にマスタードを加えて、ハンドミキサーで泡立てる。

 

5、フルーツトマトは6等分にし、にんにくのみじん切りと共にエクストラバージン・オリーブ油でさっと炒め、塩、こしょうする。

 

6、器に(3)、(5)を盛り、(4)の泡をかけ、ルーコラ・セルヴァティカをのせる。