たべっ子どうぶつのオトナ人気 SNSとキャラの相性が奏功
今やたべっ子どうぶつはブランド化し、子供だけでなく大人にも大人気! 画像を見る

ロングセラー商品「たべっ子どうぶつ」のポップアップショップが12月18日からオープンしている。会場は東京の渋谷、そして大阪は難波。どちらも多くの人々が集まる人気スポットだ。

 

たべっ子どうぶつは動物の形をしたビスケットだが、近年パッケージに描かれたキャラクターたちのグッズ化が相次いでいる。ぬいぐるみやトートバッグ、フェイスタオルやキーホルダーなどが商品化されており、ポップアップショップでは抱き枕や指人形、バスボールなどが販売されている。

 

ショップの子供人気は想像できるが、ネットでは《たべっ子どうぶつPOPUP行けた! 3,300円分のお菓子買った》《難波にたべっ子どうぶつのポップアップストアあったからつい買った》と大人からも大評判の様子。さらに《名古屋でも是非とも!!》《山梨でやって欲しいです》と他地域での開催を望む声も上がっている。

 

他にも、たべっ子どうぶつのグッズは一番くじやカプセルトイにも登場。ヴィレッジヴァンガードやハローキティなどとのコラボが相次ぐだけでなく、たべっ子どうぶつのシリーズ商品「たべっ子水族館」のグッズ化も進んでいる。

 

今やたべっ子どうぶつはブランド化し、子供だけでなく大人にも大人気のようだ。そこで、製造・販売元である株式会社ギンビスに“オトナ人気”の実情を訊ねてみた。

 

次ページ >SNSとグッズの相性がよく、時代にハマった

関連カテゴリー: