《1週間に7回以上湯船につかって入浴する高齢者は、週2回以下の人に比べて、要介護認定リスクが約3割減少する――》

 

これは先日、千葉大学の研究チームが発表したデータ。研究では、要介護認定を受けていない65歳以上の男女1万3,786人を3年間にわたって追跡調査した。研究チームの一員で東京都市大学教授の早坂信哉先生は次のように話す。

 

「湯船につかると、温熱効果のほか、水圧によって全身がマッサージされたような静水圧作用と、水の中で重力が軽くなる浮力作用が得られます。このほかにも入浴にはさまざまな作用があるので、この結果はある程度想定されていましたが、初めて臨床で証明されたことになりました。日本人は長時間労働、高い喫煙率といった傾向があるにもかかわらず長寿であることは世界的にも不思議だと捉えられてきました。この調査結果から、要因の一つとして、入浴の習慣が関係していると考えることができます」

 

早坂先生は高齢者にお風呂の温熱効果がもたらすメリットとして、(1)血流の改善、(2)痛みの軽減、(3)柔軟性のアップを挙げる。

 

「老化現象の主な原因は血流不足にあります。お風呂で体が温まると、血管が拡張し、末端にまで血液が流れるようになるため、体の隅々まで血流が改善されます。それにより、全身に酸素が運ばれて、疲労物質を取り除くといった効果があるのです。同時に筋肉の緊張がほぐれるほか、神経の過敏性が抑えられ、膝痛、腰痛といった痛みを和らげる効果が得られます。さらに、血流の改善によって関節の可動域が広がり、体の柔軟性が増します。体が動きやすくなるので、転倒による骨折などの日常生活における事故を防ぐことにつながるのです。また、これは現在研究中なのですが、入浴の習慣は認知症の予防・改善にも効果をもたらすと期待することができます」(早坂先生・以下同)

 

もちろん、全身の不要な皮脂や汚れをくまなく落とし、肌を清潔に保つ効果も。それだけメリットがあるのなら、シャワーだけで済ませずに毎日湯船につかることを習慣にしたいところだ。だが、血圧が高めであるなどの理由から、湯船につかることを避けている人もいる。

 

「私の患者さんにもそのことを懸念してお風呂を我慢している人がたくさんいました。しかし、今では『高血圧の人でもお風呂に入れます』と言えます。むしろ、高血圧気味の人ほどリラックス効果が期待できるのです。ただし、お湯の温度は40度以下で、熱すぎるお湯はおすすめしません。また、最高血圧が160mmHg以上、最低血圧が100mmHg以上の人は健康上のリスクがありますので、血圧が安定してからにしてください」

 

これらに注意しつつ、入浴の健康効果をより高めるにはどうすればいいのか。温泉療法専門医でもある早坂先生にポイントを解説してもらった。

 

【お湯の温度は38~40度】

少しぬるく感じるくらいが適温。熱いお湯はのぼせたり、肌の乾燥につながるだけでなく、ヒートショックの原因にも。

 

【新湯につかるのは避ける】

“一番風呂”は肌に刺激が強いとされている。入浴剤を入れるとお湯が柔らかくなる。温熱効果も上がり、好みの香りで癒し効果も得られる。

 

【体は湯船に入る前に優しく洗う】

皮脂や角質層は体を守ってくれる大切なベール。石けんをつけたボディタオルでゴシゴシ洗うとこれらを落としてしまうことに。

 

【入浴時間の目安は15分】

長湯は体の水分を奪うのでNG。また、何度も入ると肌の潤いを奪う原因になるので、1日1、2回を目安に。10~15分、毎日湯船につかることが大切。

 

【肩までしっかりつかる】

心臓に疾患を持っていない限り、肩までつかる全身浴がベター。温め効果も高く、首、肩、腰などの痛みやコリを和らげることができる。

 

「熱すぎるお湯はのぼせを招くので、先述のとおり、お湯の温度は38~40度のぬるめにしましょう。10~15分程度、肩までしっかりつかることで、体に負担をかけずにリラックス効果を得ることができます。そして、入浴では大量の水分が失われます。お風呂の前後には水分補給を忘れずに。水のほかに、ミネラル入りの麦茶や牛乳など、胃に刺激の少ないものがおすすめです。“お風呂上がりのビール”を楽しみにしている人も多いと思いますが、アルコールには利尿作用があるため、水分補給にはなりません。同時に水を取るなど、きちんと水分補給することを心がけてください」

 

美容の観点では、肌を洗うのは湯船につかる前がよいという。その際、力を入れて肌をこすらないこと。入浴後10分以内に保湿をすることで、肌の潤いを保つことができるという。乾燥しやすい今の時期は、早めのスキンケアを忘れないようにしよう。

 

「そして、湯冷めをしないように、入浴後は1~2時間くらいで就寝するようにしましょう。お風呂の効果が快眠にもつながります」

 

毎日のバスタイムを、健康維持のために活用していこう!

関連タグ: