お風呂で実践!リラックス効果高める“呼吸”を専門家が伝授
画像を見る

「長引くコロナ禍において、免疫力を高め、気分転換を図るためにも、バスタイムを有効活用しましょう。シャワーだけで済ませるのではなく、お湯をはった湯船にきちんと浸かることで、心と体にたくさんのメリットが得られます」

 

温泉療法専門医で東京都市大学人間科学部教授の早坂信哉先生はそう話す。早坂先生は入浴の健康効果を20年にわたり研究している入浴法のエキスパートだ。

 

人間には自律神経があり、アクティブモードの「交感神経」と、リラックスモードの「副交感神経」がバランスを取って人間を生かしてくれている。衣服を身に着けない浴室では、心と体が解放的になりやすい。プライベートな密室空間にいることで、気持ちが落ち着き、気分転換も図れる。

 

しかも、水中では体重が約10分の1になるため、入浴での浮力作用により重力から解放される。筋肉や関節の緊張が緩めば、さらにリラックスして副交感神経が優位になるのだ。

 

「このように、自律神経に働きかけるという点は、瞑想法の一つで企業などでも導入されている『マインドフルネス』に通ずるところがあります。深い呼吸をしながら心身をリラックスさせ、自律神経を整え、ストレス解消などの効果が得られるマインドフルネスを入浴のシーンに取り入れる、いわば『マインドフロ(風呂)ネス』として私は入浴習慣をおすすめしています」

 

副交感神経が活発に働きだすと、昼間に交感神経が活発化して酷使された心身の機能を修復してくれる。さらに、副交感神経が優位だと、血管が拡張して血流が促進される。その結果、免疫力がアップするのだ。感染拡大が予断を許さない状況の新型コロナウイルス対策としてもぜひ取り入れたい。

 

そこで、早坂先生がバスタイムを瞑想の時間に変える、リラックス効果を高める呼吸法を伝授。あわせて、「健康美肌を作るためのスキンケアの掟」も紹介!

 

【リラックス効果を高める呼吸法】

(1)目を閉じて、鼻から息を3秒かけて吸い込む
(2)口から5秒かけて息を吐く。1〜2をゆったりした気持ちで、3分ほど繰り返す。

 

簡単な瞑想と深呼吸は、自律神経の副交感神経を優位にして、リラックス効果を高めてくれる。入浴時には水圧がかかっているため、腹式呼吸はより効果的。特に最近は日中マスクをしていることが多いため、呼吸が浅くなりがちだ。好みの香りを思いきり吸って、鼻や喉の粘膜を湿らせると、免疫力もアップ!

 

「血流が改善されると、体にはいいことずくめなんですよ。血液内の酸素や栄養、ホルモン、免疫物質などの体に大事なものが末端の細胞までくまなく運ばれ、二酸化炭素や疲労物質、老化物質などの老廃物が効率よく排出されるようになります。新陳代謝が上がり、体がリフレッシュすることで、疲労回復にも効果的なのです」

 

【健康美肌を作るためのスキンケアの掟】

・42度以上のお湯はNG
・1日に何度も入らない
・石けん、ボディソープは週2、3回で十分
・スポンジでゴシゴシ洗わない
・湯上がり後10分以内に保湿を

 

皮膚の乾燥につながってしまうため、42度以上の湯温は×。天然保湿成分のセラミドが流出するため長湯と複数回入浴も控えよう。30代以降は肌に潤いを与える皮脂が減るため、石けんやボディソープで体を洗うのは週2、3回で十分だという。その際は泡を立てて、なるべくやさしく洗うこと。保湿は入浴後10分以内に。

 

これらの注意点を確認し、マインド風呂ネスを楽しんで!

 

「女性自身」2020年12月15日号 掲載

関連カテゴリー: