image

 

「戊戌年の’18年は、運のよい人と悪い人に大きく分かれる1年です。景気も変動が大きく、6月以降は徐々に悪くなりそう。世界的にも動乱の年になるでしょう」

 

そう話すのは、風水研究家の林秀靜さん。

 

「アメリカや中国、北朝鮮など国際情勢においての不確定要素も多く、日本の国力も低下しそうです。社会が乱れると、私たちも影響を受けて緊張し体も硬くなり、心身の不調を感じやすくなります。風水でも、今年は体の腎・膀胱の機能が低下しやすく、免疫力も落ちて感染症にもかかりやすくなります。運気が乱れるときは、風水で使う陰陽五行説。その五行である木・火・土・金・水の『気』のバランスを心がけたいもの。そして、緊張しやすい体を動かして心身をほぐすことが運気の安定に必要です。特にヨガで、体の軸となる背骨を動かすことがおすすめ。運気アップにつながりますよ」(林さん)

 

今では日本でも770万人が行っているヨガ。2020年には1,000万人を超えるといわれる勢いで普及している(『ヨガジャーナル』調べ)。

 

人気ヨガティーチャーの相楽のりこさんも、ヨガの魅力とその効能を語る。

 

「ヨガは呼吸とともに体を動かすことで心身を落ち着かせて深いリラックスに導きます。心と体はつながっているので、ヨガをして全身の気をよくすれば、健康になり運もよくなります。林先生のおっしゃる陰陽五行にあてはまるヨガのポーズがあるんですよ」(相楽さん)

 

林さんは、五行の気と関係する運勢を次のように解説する。

 

「陰陽五行では、木・火・土・金・水の5つの気があり、このバランスを取るのが中庸でよいとされ、運気を安定させます。木は健康運、火は愛情運、土は金運、金は仕事運、水は美容運をつかさどります。ヨガの五行のポーズで体を動かすことで、それぞれの気を補い、運気をアップさせることができるのです」(林さん)

 

そこで、林秀靜さんの五行の風水の英知を基に、ヨガティーチャー相楽のりこさんが「開運ヨガ」を教えてくれた。

 

「女性なら誰もが気になる美容運をつかさどるのが、雨水や川の水などが流れていくような働きを持つ水の気です。水のように器に合わせて形を変える柔軟性も表します。みずみずしいという言葉があるように、水の気を強めることで、潤いがでて女性ホルモンの分泌が盛んに。若々しくなり、アンチエイジングにいいといわれています」(林さん)


■美容運をつかさどる水の気向上「魚のポーズ」

 

水の気は若さの鍵を握るといわれる腎臓や膀胱、生殖器に関係している。開運ヨガでは、水の中で生きる魚のポーズで水の気を取り入れていく。

 

(1)床にあおむけに寝て、両足のかかとを押し出す。上から見たときに両手が隠れるように、両手を背中の下にしまい肩甲骨を寄せる。手のひらは下向き。

(2)息を吸いながら、両ひじで床を押して肩甲骨そして胸を天井に開き、頭のてっぺんを床につける感じで。口を大きく開いてのどを伸ばしていく。※このポーズのまま5回深呼吸。

 

【ポイント】

「ヨガでは、人が寝ている姿が水の流れに似ていることから、寝て行うポーズが水の気のポーズといわれます。この魚のポーズもその1つです。床にマットやタオルを敷いて行います。ポーズをとって首を伸ばすときも、無理をして首を痛めないように。口は大きく『あ・い』と開き、のどが伸びるのを感じましょう。甲状腺を刺激してホルモンバランスを整える効果があります」(相楽さん)

関連タグ: