image

 

「愛媛の人たちは穏やかで、どこかのんびりしています。すぐに海や山にも行けるので、生活の中でオンとオフの切り替えがはっきりできるところがいいのかも」

 

4月17日、3回目となる「ストレスオフ県ランキング2018」が発表された(東京・恵比寿)。結果は、なんと2年連続で愛媛県が第1位に! 記者発表会には、同県出身のタレント・眞鍋かをり(37)が出席し、冒頭のようなスピーチで2連覇達成に花を添えたーー。

 

“ストレスオフ”とは、ストレスに対して心のバランスが取れている状態のこと。同ランキングは、化粧品販売会社メディプラスが47都道府県の20〜69歳の女性7万人を対象に、人間関係、お金、仕事、健康など96項目からなるストレス状況についてインターネット調査、分析したものだ。

 

愛媛県の女性が他県と比べて最も優れていたのは、人間関係の不安や社会での孤独感などに対処できるソーシャルライフバランス、そして地域や家族間での過ごしやすさを表すローカルライフバランス。なかでも、家族との家事負担が他県の女性と比べて少ないことがわかった。

 

それだけでなく、職場への通勤時間ストレス、上司との人間関係などの仕事面や、教育費なども愛媛県女性にとってストレスではないということも判明。全国と比較して、愛媛女性がストレスに感じていないことは次のとおり。

 

□職場への通勤時間が短い

□職場(上司)の人間関係

□子どもの教育(費用も含め)

□住宅費

□日常のメーク、正装にかける時間

□家族との家事分担

□自分のキャリアビジョン

□体形、スタイル(ほかの人と比べて)

□居住地域の気候

 

「愛媛県は気候が温暖で、海も山もある。お遍路の起点でもあるし、ストレスをオフにするための環境が整っていると思います。そして『グルーミング』といって、人と人とのおしゃべり、ふれあいや、自然の中で運動できる環境が多い。そういうものの組み合わせが総合的に備わっているのが愛媛県の強みといえるでしょう」

 

こう語るのは、今回の調査研究の顧問を務める、東邦大学名誉教授で、医学博士の有田秀穂さん(70)。有田さんによると「セロトニン」という脳内物質を活性化させることがストレス解消につながるという。

 

「セロトニンを活性させるのに効果的なのは“リズム運動”と“日光浴”です。リズム運動とは、ウオーキング、サイクリングや座禅、ヨガなどの呼吸法が挙げられます。さらに、歌を歌うこともリズム運動になります。そこで私が主婦の方におススメしているのは1人カラオケ。ストレスがたまったと感じたら、30分でいいので1人カラオケをしましょう。大人数で行くと順番が回ってきませんから、1人で行くことに意味があるんです」

 

さらに、ストレスオフに効果があるとされるのが“スキンシップ”だと有田さんは語る。

 

「スキンシップは、脳に刺激を受けたストレスを緩和する脳内物質『オキシトシン』を分泌します。ボディタッチ、手や足を触ったり、ヘッドスパやマッサージを受けるのも効果的。心地よくスキンシップができれ、オキシトシンの分泌が活性化されますよ」