企業のコストカットのコンサルタント・坂口孝則さんが、そのコスト削減術を家庭に応用させた著書『レシートを捨てるバカ、ポイントを貯めるアホ』(朝日新書)が話題になっている。

 

「企業も家庭もやみくもに節約を唱えても成功しません。成功させるにはきちんとした手順があるんです」という坂口さんに、ネットの活用術を教えてもらった。

 

【1】買う前に必ず価格比較サイトをチェックする

「代表的なのは『価格.com』。全国の最安値と店舗が表示されます。送料や保証条件を考慮して、そこから買うか、近所の安いところを探します。価格情報を知ることが最安値で買う王道です」

 

【2】新聞はネットで購読する

朝日新聞の場合、紙の購読は4,037円、デジタル版は3,800円と、237円安い。

 

【3】音楽は動画配信サイトで聴いて楽しむ

 

【4】クレジットの明細は紙でもらわずウェブ上で見る

明細を紙からウェブに変更すれば、三井住友VISAカードの通常会員なら、年会費が540円引きに。

 

【5】ネットから手紙を出す

受取人の住所、氏名、通信文をPCから入力すれば、印字、封印、発送を日本郵便が代行してくれる「Webゆうびん」サービス。「1通97円からと、自分で便せんや封筒を用意するよりコスト削減ができます」

 

【6】引っ越し通知はメールだけで実施する

 

【7】スマホの無料電話・メールアプリを活用する

 

【8】アプリは無料のモノだけに限定する

使い勝手を良くする機能などが有料になるケースも多いが「少し不便でも、無料で使える範囲だけで使うように割り切ること」

 

【9】写真はプリントしない

 

【10】バーチャル旅行で旅行気分を味わう

「旅好きの間で流行しているのが、Googleマップのストリートビューで好きな場所を散策するバーチャル旅行。家族でパソコンを囲めば、本当にそこに行った気分が味わえます」

 

【11】家計簿はネットでつける

「レシートをスマホで読み取って集計できる無料オンライン家計簿『Zaim』など、ネット家計簿がおすすめ」

 

インターネットは節約術の宝庫。賢く使いこなして、得したい!