image

 

毎月通帳を見て、「お金がぜんぜん貯まらない……」と嘆いているあなた! まずは自分の財布を調べてみよう。どんなに節約してもお金が貯まらないワケは、財布の中に隠れているかもしれない――。

 

「お金への意識はそのまま財布に表れる。その人の家計管理がどうなっているかは、お財布の中を見れば、よくわかるんです」

 

こう語るのは、これまで1万人以上の赤字家計を、貯蓄できるまで導いてきた人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さん。『遊んでいても勝手に貯まるほったらかし貯金術』を4月に出版した横山さんは、「貯まらない人の財布には特徴がある」と言う。

 

そこで横山さんに、「ついムダ遣いしてしまうNG財布」の特徴をあげてもらった。

 

【NG財布1】パンパンに膨れている

 

「見た目がパンパンに膨れあがっている財布を、私は『ブタ財布』と呼んでいますが、これではまったくお金が貯まりません。バッグ代わりに何でも入れているブタ財布は、お金に対する真摯な姿勢がない証拠。家計のマネジメントができていないのが見てとれます」(横山さん・以下同)

 

【NG財布2】中がごちゃごちゃしている

 

「お金が貯まらない人の財布の中を見ると、お札はくちゃくちゃで、1万円、5,000円、1,000円の種類も分かれていません。そしてたくさんのレシートも一緒にぐちゃぐちゃに突っ込んでと、お金を乱雑に扱っています。財布のどこに何が入っているかも把握できていないに等しく、支払うときにも、“手際悪く”お金を探すことになってしまいます」

 

【NG財布3】お札の向き・裏表がバラバラ

 

「出たり入ったりしたお札を、そのまま無意識に財布に入れっぱなしにしています。これも、お金を大切にしていない行動といえます」

 

【NG財布4】カードがたくさん入っている

 

「ポイントがたまるからと、いろいろなポイントカードや、クレジットカードを作ってしまう人がいます。でも、本当にすべて使っていますか? どのポイントをためるか、どのカードで何を支払っているか、お金の流れも把握できていないのではないでしょうか。特にクレジットカードは、後払いなので出費の感覚に欠け、つい使いすぎてしまう傾向があります」

 

【NG財布5】お金に関係ないものまで入っている

 

「相談者の中には、山ほどのレシートだけでなく、割引券、お守り、映画チケット、家族写真、さらには絆創膏まで入れている人もいました。これでは財布の意味が理解できていないのと同じ。私は、財布とはお金の『置き場所』としてきちんと管理すべきだと考えています。こうしたNG財布を持っていると、ムダ遣いが増え、『ぜんぜん貯まらない!』と嘆くことになってしまいます」

 

自分の財布を見て診断する、あなたの家計管理能力。お金を貯めるためにも、今から財布を整理しよう!

関連タグ: