ぞうさん達の“ごあいさつ”はお鼻で相手のにおいを嗅いだり体にタッチしてお互いをチェックしあいます。
今まで、通りすがりに他の仲間のぞうさん達にタッチしていたゆめ花ですが、今日は屋内展示場のお隣に10歳の女の子マミーを初めて入れてみました。マミーはプーリーママと一緒にインドからきたぞうさんです。ゆめ花は短いお鼻を伸ばしてマミーに触ろうとすると、マミーも「良いよ、触って!」と言わんばかりに頭を低くしたりしています。マミーにとっても初めての妹分。きっとこれからゆめ花はマミーから色々な事を教えられていくのでしょう。良い事も悪い事も・・・
ゆめ花が生まれる前は一番年下で一番甘えん坊で、わがままし放題だったマミーが“お姉さんぞう”へと成長しているんだな~と見ていた私は温かい気持ちになりました(*^^*)
0801231
0801232_3