子作りには〝北枕〟が吉!

芸能界はもちろん、世間一般でも、ここ数年で一気に増加した“できちゃった婚”。しかしその一方で、子宝に恵まれず、不妊治療に励む夫婦が急増したのも事実。現在、“風水芸人”として人気の出雲阿国が「子宝に恵まれたい」という悩みに、風水の観点から答えた。

「風水的には子作りに適しているのは“北枕”です。できれば寝室を家の中心から見て北側に持ってくるといいですよ。北の方角は『睾丸』とか『子宮』を象徴しているので、子作りするのには吉なんです」

世間的な認知では縁起が悪いこととされ敬遠されがちな北枕だが、風水的には、子作りに最適な方角のようだ。さらに縁起物として、家庭運を上げ子宝運もアップしてくれる「象の置物」を飾ることがオススメだという。

ここでひとつ注意しなければならないのは、それでも子供ができないときに過度な焦りを感じ、家庭を不穏なムードにしてしまうことだ。

「子どもは授かりモノですから、ニコニコして安らかな気持ちで待ってあげましょう。家庭が円満だと運気が上がりますからね。そのためには、夫婦が仲良くすごさないといけませんね」

 

(女性自身11月22日)

 

 

関連タグ: