女優・松本莉緒も実践!現代風水界クイーンの開運ルール10

「今年は辰年(壬年)で陰陽では、「水」がキーワードの1年になるでしょう。特に集中豪雨や水害には注意を払ってください」と語るのは、日本の「現代風水学」を確立した未知さん。現代風水界の“クイーン”として活動中の彼女は、今も多くの人々を魅了している。

女優・松本莉緒もそのひとりだ。「さまざまな角度からアドバイスをいただき、先生のお教えどおり、お部屋は『常に整理整頓』をモットーにしています」と語るなど、芸能界やスポーツ界、政財界にもファンは多く、運気向上の“改名”を依頼する著名人も少なくない。

そんな未知さんが、日常生活で心がけるべき10のルールを教えてくれた。

1 挨拶、声かけ、言霊が鍵!

挨拶は“殺(サツ)”を避けるバリアになります。「おはようございます」「ありがとうございました」と、しっかり心をこめた“言霊”で邪気を払いましょう

2 掃除、整理整頓をしよう

身の回りを綺麗に保つことは風水の基本です。ふだんものぐさな方も、新年に気持ちを切り替えて開運を目指しましょう

3 3K(臭い・汚い・暗い)を排除しよう

ごみ箱には蓋を、トイレも毎日お掃除を。毎日生活する自宅では、暗くて汚い場所を排除することが肝心です

4 植物と花に頼ろう

家の中の植物や花は“邪気”を寄せ付けず、よい運気を呼びます。ご家庭の“気流”を変えたいときは、食卓に花を飾るのもいいですよ

5 ラッキーカラーで運気UP

今年は東からよい運気が。東は「発展」の方位。青や緑を基調とし白・赤・紫を取り入れて。「金運」「恋愛運」の方位である西には白を基調とし黄色や茶色、黒でまとめましょう

6 「笑顔」「和」がキーワード

常にスマイルを心がけ、周囲との「和」を大切に。ただし、周りに流され、同調するだけではダメ。相手を思いやる気持ちこそが真の「和」の精神なのです

7 朔日参りをしよう

月初めは“ツキ”が始まる日。近くの神社やお寺にお参りし、清らかな心で祈願すれば、心が浄化されます

8 運動と心身のケアを

運動は「運を動かす」と書きます。散歩や簡単なストレッチでも構いませんので、毎日体を動かしましょう

9 節句、節気の実践を

“節句”は邪気を払う日とされます。3月3日は女性、5月5日は男性の厄を払います。また、2月3日は節が分かれる日なので、しっかり節分を行いましょう

10 陰徳を積み愚痴をやめよう

地道に陰徳を積むことで運気を味方にできます。手間を惜しまず、人の嫌がることを率先して行いましょう。愚痴や悪口、陰口は運気を下げますから絶対にやめましょう