「子どもは風の子 大人より風邪をひきにくい」はウソ

くしゃみが、席が、鼻水が、いつまでも止まらない原因。それは、あなたが昔から知っている風邪の常識が間違っているからかも!? そこで、筑波大学附属病院の加藤士郎教授に、新たな風邪の常識を語ってもらいました。これで今年の冬は快適に過ごしましょう!

昔から「子どもは風の子」とよく言われていますが、あれはウソ。実は、風邪は子どもからうつされることが多いのです。

子どもの免疫力をつかさどっているのは、胸骨下にある胸腺。胸腺の成長が完成するのは15~16歳ごろで、それまでは免疫力が低いためよく熱を出します。

ただ熱をだしても子どもはもともとの基礎体温が高いので、熱への耐性はあります。しかし、熱には強くても免疫力は低いのでウイルス感染には弱く、実際はよく風邪をひいてしまいます。熱があっても外見は元気そうに見えることから、「子どもは風の子」といわれるのです。

ウイルスや細菌の感染経路が高いのが手。特に手洗いは手のひら、指先、指の間まで丁寧に洗うこと。またうがいも忘れずに。喉の奥に水を含んでガラガラと1回30秒を目安に行いましょう。