重層とオリーブオイルの手作りパックで黒ずみがとれた

最近、徐々に増えてきた、“炭酸”の美肌効果を期待した商品の数々。しかし、その効能を意識せずなんとなく使ってらっしゃる人も多いのでは? お金をかけて高い商品を購入しなくても、家にある『重曹』で簡単にその効果が得られるんです。

 

「お菓子作りなどで“ふくらし粉”としても活躍する『重曹』。ふくらむのは、炭酸ガスが発生するからなんです。その炭酸を生かした手作りのパックが、肌表面の角質や垢を取り除いてくれるんです」

 

そんな『重曹』を使った美容グッズの作り方を教えてくれたのは、ツヤ肌アドバイザーの喜多川結羽さん。自宅で簡単に作れ、絶大な効果を発揮するという。用意するのは、『重曹15g』『エキストラバージン・オリーブオイル5ml』『コットン1枚』。

 

【1】20cmくらいの長さにラップを切る。まず、そこに重曹をのせ、さらにオリーブオイルをのせる。

 

【2】ラップで重曹とオリーブオイルを包んだら、よくもんで、しっかり混ざるようになじませる。

 

【3】コットンに重曹とオリーブオイルをなじませたものをのせ、スプーンでうすくのばしてシート状のパックを作る。

 

【4】クレンジングの後に、毛穴が気になる部分(鼻やあご先など)へ作ったコットンをのせる。

 

【5】3分たったらコットンを取り、円を描くように軽くマッサージして洗い流す。その後、通常の洗顔を行なう。

 

この“重曹×オリーブオイル”のお手製『毛穴パック』で、黒ずみやざらつきがなくなるという。これは、試さない手はありません!

 

関連タグ: