マイケル・ジャクソン公式ジュエリーが販売開始(126万円)

突然の訃報から3年、今もなおその人気が衰えることを知らないマイケル・ジャクソン。そのオフィシャルジュエリーが、ついにお目見えする。販売を開始するのは、ジュエリー・アクセサリーを製造・販売する権利を、正式に受けた「MJ・プロダクツ」社。昨年夏からアクセサリー類の制作を開始し、権利関係がクリアになったこの6月から、同社のサイト(http://www.mj-pro.co.jp/)や百貨店の店頭などで展開していく予定だ。

「4月には、阪急百貨店メンズ館(大阪・梅田)で期間限定で『アクセサリーフェア』を開催しました。同店でのシルバーアクセサリーを対象にしたフェアでは、過去最高の売り上げを記録したとのことです」(MJ・プロダクツの竜石堂正信社長)

商品のラインナップは、リングやペンダント、バングルといった定番アクセサリーから、スマートフォンにつけるイヤホンジャックまで多岐にわたる。なかには、1400個、計34カラット分もの石を使用したという「ジュエリーフィギュア」(126万円)も。「MJ」の文字をあしらったオリジナルマークや、ヒット曲の歌詞の一部がデザインされたアクセ類は、ファンならずとも手に取りたくなりそうだ。一見、男性向けに見える商品だが、意外にもそうではないとか。

「『メンズ館』で開催したにもかかわらず、来店者の比率を見ると、約65%が女性という結果でした。しかも、その中心となったのは40代の方々。それだけ、この世代のみなさんがマイケル・ジャクソンに強い思いを持っているんだと改めて感じました」(同前)

マイケルの遺志でもある「世界の子供たちが安心して楽しく暮らせる世界の実現」をめざすため、商品の売り上げの一部は慈善事業に寄付されるという。また、彼の命日である6月25日に合わせ、前回と同じ阪急百貨店メンズ館で「メモリアルフェア」が開催される。「キング・オブ・ポップ」の遺志を、その目で感じてみてはいかがだろう。