夜のイルミネーション 専門家が語る「今年の傾向」は?

早いもので12月、街はすっかりクリスマスモードに。今年も各地で個性豊かなイルミネーションやライトアップのイベントが開催中だ。そこで、数々のイルミネーションイベントのプロデュースに従事する丸々もとお氏に、今年のイルミネーションの傾向を聞いてみた。

「最近のイルミネーションのトレンドといえば、まず新しい技術の導入による『エンタテインメントショー化』が進んでいることでしょう。注目は今年から始まる『つま恋サウンドイルミネーション』です。光と音楽の共演のみならず、会場が甘い香りで包まれる仕掛けも手伝って幻想的な世界を作り出す、まさに新感覚のイルミネーションです」

ほかにも、ぐんまフラワーパークやハウステンボスなどで見られる、「3Dプロジェクション・マッピング」(建物の形状に合わせて映像を投影する手法)も広がりを見せていきそうだという。建造物の表情が次から次へと変化する演出は、子どもにも喜ばれるはずだ。

「また、『規模の拡大化』も顕著です。LEDの節電性能の向上などもあって、都市型のものも、パークなど施設型のものも、今年は過去最大の電球数で開催するところが増えています。東京スカイツリータウンを筆頭に、今年開業した施設で行なわれるイルミネーションも見逃せません。それぞれのイルミネーションに独自の色がありますから、特徴を比べてみるのも楽しいですね」