「最初は原作者の美内すずえ先生と白泉社さんにこの企画をどう説明しようかと悩んでいました。美内先生が疲れて思考力が低下しているときに打診すればOKしてくれるのではないかと、実際、美内先生の締切り直前の徹夜明けに説明をしたところ、苦笑まじりでOKしてもらえました」

 

そう話すのは、制作会社・DLEのプロデューサー・井上勝哉さん。『ガラスの仮面』(白泉社)は連載36年、コミックス発行が累計5,000万部以上の少女漫画。そんな大人気漫画をパロディ化したアニメ『ガラスの仮面ですが』が、4月7日よりBS12ch  TwellV(トゥエルビ)にて、毎週日曜日2154に放送されることになった。

 

「どうせなら誰もが知っている原作をいじってみたい、怒られる寸前までやってみたかったのですが、パロディなのでどこまで原作要素を残すのかというところに苦労しています」(井上プロデューサー)

 

アニメは、マヤや亜弓、月影などおなじみのキャラクターたちが、暴走族やOL、女芸人などに扮して繰り広げるコメディだ。

 

「原作のファンはもちろんのこと、原作を知らない方にも楽しんでいただきたい……。なので、個々のキャラクター性はそのままに、レディースやOLという舞台を変えたコントとすることで両方の層に楽しんでもらえるようにしました」(井上プロデューサー)

 

原作のファンのみなさん、怒らずに、とにかく百聞は一見に如かず!