夏休みの旅行を計画中なら、小さな子ども連れや3世代旅などの場合、自由度の高いマイカーが好都合。ただ、電車やバスなどのツアーより割高だとお悩みの方に、経済ジャーナリストの荻原博子さんが、マイカー旅のお得技を教えてくれた。

 

〈1〉高速道路の乗り放題を利用

高速道路にも、期間やエリアを限定した「速旅乗り放題プラン」があります。たとえば「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」ドライブプランは、三重県を中心とした伊勢湾岸・東名阪・伊勢・紀勢自動車道の周遊エリア内が2日間乗り放題で4,600円(普通車、以下同)。

 

関東方面から伊勢神宮に参拝する場合、周遊エリア内の高速料金は、平日なら往復で7,940円。休日割引でも往復5,560円ですから、乗り放題のほうがお得です。途中、何度乗り降りしても高速料金は定額のまま。お得度は上がります。

 

ほかにも湘南・伊豆・箱根エリアや、京都・福井・滋賀エリア、大分・宮崎エリアなど、各地にプランがあります。利用にはETC搭載車が条件で、事前にインターネット申し込みが必要です。

 

〈2〉お盆なら北海道へ

お盆しか休めない方には、北海道ETC「夏トクふりーぱす」はいかがでしょう。北海道内の高速道路が3日間乗り放題で7,900円です。たとえば、8月13〜15日に、札幌から函館へ行き、登別温泉で宿泊。翌日は小樽まで足を延ばし、3日目に札幌に戻るプランなら、高速料金は通常1万4,960円。乗り放題プランは7,000円以上お得です。

 

北海道までは格安航空会社を使えば、割安に渋滞知らずの旅行ができるでしょう。

 

〈3〉深夜割引を利用

全国の主要な高速道路では毎日、深夜0〜4時までの料金は3割引きです(首都・名古屋・阪神高速は除く)。使いづらい時間帯ですが、高速道路への進入時か、退出時のどちらかがこの時間帯であれば、割引されます。

 

〈4〉ガソリン代も安く

ひところより値上がりしましたが、ガソリン代は1年前と比べると約25円安く、1リットルあたり約145円です(資源エネルギー庁・全国平均)。とはいえ、乗り放題のお得感から長距離を走ると、ガソリン代もかさみます。

 

また旅先では、安いガソリンスタンドや、そもそもガソリンスタンドがどこにあるかさえわからないことが。そんなときには、gogo.gsというガソリン比較サイトが便利です。今いる地点に近いガソリンスタンドの場所と価格を、地図で見ることができます。

 

旅行は計画中がもっとも楽しいという人もいます。事前に、グルメやレジャー情報と一緒にお得情報も探して、家族で相談してみてはいかがでしょうか。

関連タグ: