image

 

話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(42歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。“勝手に対決”させるこの企画。今回は、初夏の「ニューオープンスイーツ店」対決だ!

 

■東京駅「ニューヨークパーフェクトチーズ」

 

最初は東京駅構内の南通路エリアにオープンした「ニューヨークパーフェクトチーズ」。世界で活躍する3人のチーズのスペシャリスト(元ホワイトハウスペイストリーシェフ、世界一のフロマジェ、フランス最高峰のチーズ職人)が監修したチーズ菓子専門店だ。

 

商品は3つあり、人気はデンマーク産のチェダーチーズとゴーダチーズが入った「ニューヨークパーフェクトチーズ」(5個・775円)。チーズの深みが堪能できる逸品。「チーズエスカルゴ」(4個・878円)は、チーズのみならずラムの風味が楽しめる大人の味。「メープルチーズ」(5個・775円)は真ん中にメープルが入ったひと口サイズでお手軽。

 

どれも話題のお土産として喜ばれること間違いなしだ!

 

■GINZA SIX「フィリップコンティチーニ」

 

次は話題の商業施設・ギンザシックスにある「フィリップコンティチーニ」。フランスのシェフ、そしてパティシエの巨匠として有名なフィリップ・コンティチーニ氏のブティック&カフェが日本初上陸!

 

めた坊がテークアウトしたのは、注目スイーツの「クイニータタン」(486円)。クイニーアマンとタルトのハイブリッドスイーツで、カラメルがコーティングされてあり、煮詰めたりんごがたっぷり入っている。カラメルの食感と絶妙な甘さのりんごが楽しめ、ペロリと平らげてしまった。

 

「いちごのタルト」(810円)はバターとカスタードの風味。ひと口サイズの「クラックネ」(1個・303円)は、口に入れたときの食感とチョコレートの濃厚さが特徴のぜいたくスイーツを楽しめた!

 

【めた坊ジャッジ】お値段以上のおいしい甘さを存分に堪能できた。今回は、両社とも甲乙付けがたく、引き分けだ!