image

 

話題のスポットを、今年入社のミーハー女子編集者・オッティー(オタク歴10年だが新ジャンルにハマる速度には定評あり。最近は推し将棋棋士を決めかねている)が覆面潜入調査し、“どっちが萌える?“かを決めるこの企画。今回は、「夏限定お化け屋敷」です!

 

■東京ドームシティ「恐怖の首すじ理髪店」

 

東京ドームシティ・アトラクションズでは、お化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏が手掛けた最新作が開催中。

 

舞台は理髪店。キーアイテムの首飾りをつけ、マネキンやシャンプー台が並ぶ不気味な店内を進むと、後ろから首飾りを引っ張られ、カミソリで切りかかれるのではという恐怖にさいなまれ……襲い来るお化けに何度もしゃがみこみました。

 

終了後は、涼むどころか熱くなった体を冷ますべく、入場時にもらった、ドームシティ内の一部店舗でドリンクがお得になる「叫んで、飲もう!」キャンペーンカードを手に、お店へ。ドリンクで喉を潤したのでした。

 

■東京タワー「東京タワーに届いた柩」

 

失踪したろう人形師の工房を舞台としたお化け屋敷「東京タワーに届いた柩」が東京タワーで開催中。特徴としては、とにかく暗い。目の前すら見えないほどで何かが飛び出てくる恐怖のあまり先に進めません。

 

部屋にいるのはろう人形かと思いきや生身の人間! 今度はただのろう人形が人間に見えてきて、角を曲がるたびに叫びっぱなし。

 

何とかゴールした瞬間、後続の人たちの「リタイア!」という声が聞こえ、また背筋が凍りました……。

 

【JUDGE!】どちらも絶叫しっぱなしでしたが、ストレス解消になるのか終わると不思議と爽快感が。お化け屋敷の意外な効能発見。特に首飾りの演出も凝っていて、より叫んでしまった「理髪店」が今回の推しです!

関連タグ: