080630 [E:heart]占いをはじめたきっかけは?
ゲッターズ飯田 一番最初は、芸人やっていて、吉本興業入ってたんですけど、上に入ったりとかが厳しい世界だったんで、まあ、上がれないだろうなあ、って。でその頃お笑いやってたんですけど、どこまで通用するかなあ、みたいな感じで入っていったんで、まあ、上がれなくてもいいかな、って。
 そしたら後に相方になる人から、「占い師のとこへ行ったら、ちょっと面白かったよ、良かったよ、当たるよ」って言われたから、占い師のところへ行ったんですね。で、行ってその場所でいろいろ当たったんですね。占いはもともと否定派だったんで、当たらないと思ったのに、結構当たるから、当たるんだな、占いって、と。その人に「芸人向いてますか?」って聞いたら「芸人と占い師に向いてる」って言われた。そのときに「占い師はまったく興味がないので」って言ったら「むいてますよ」って。その人が「万が一芸人がダメでも、来てください。弟子としてとります。そのぐらいセンスありますよ」って。
 「じゃあ芸人じゃあどうなりますか?」って聞いたら「この時期でレギュラーになります」で、まあそうかな、って頑張ってみよう、とやっていて、頑張っていたら確かにそうなって一気にレギュラーまで上がったんですよ。上がりましたの報告もかねて次どうなりますか?って聞きに行ったら「東京行きますよ」て言われて「名古屋で今当たったばかりなのに東京行くわけないでしょ?」って「いや、行きます行きます!」って。後にこうこうこうなります、っていろいろ言われてなかで月に一度くらい行くようになったんですよ。報告もかねて。
 何回か行っているうちに、毎回毎回お金払っているのが馬鹿らしくなって、何千円か取られるので、ずっとその先生がノートとってるから、「その本なんですか?」って「これはこれこれこういう占いの本なんですよ」って。「それで僕観てるんですよね?それ僕にも勉強できます?」って聞いたら「飯田さんならすぐできますよ」って。「どこで手に入りますか?」て聞いたら「市販の本をとりあえず一回読んで、わからないところは聞いてください」って。じゃあ勉強しよう!って言って。市販の本いっぱい買って勉強して、わかんないから聞いたりとかしたんです。