「毎回、家じゅうを完璧にピカピカにする必要なんてないんです。15分ならなんとか時間を見つけられるでしょう? わずかなスキマ時間で、家の一部を集中してピカピカにする。これだけで、つねにキレイな家でいられるんですよ」

 

そう語るのは『伝説の家政婦が自宅で実践! 週末15分そうじ術』(SBクリエイティブ)が話題の鈴木美帆子さん。今、テレビ出演や著書の出版が相次いでいる家事代行マッチングサービス「タスカジ」の共同創業者で統括マネージャーの鈴木さんは、ハウスキーパーの「タスカジさん」を指導している、まさに“家掃除のプロ”。

 

掃除の技術を学んだのは大学時代のホテルの清掃アルバイト。その後は専業主婦として家じゅうを磨き上げていた。

 

「以前は“完璧な掃除”を続けていたのですが、そのために子どもとの時間を削っていました。せっかくの貴重な休日を掃除だけに費やさないで、もっと子どもたちと過ごせばよかったと後悔して……。『とりあえず今、気になる汚れを落とすだけでいい』と考えるようになってから、最小限の努力で家をキレイにできるようになりました」(鈴木さん・以下同)

 

その後「タスカジ」を立ち上げ、お掃除のプロとなった鈴木さんは、効率を追求した家庭掃除のメソッドを編み出した。そして、タスカジメソッドのポイントを押さえつつ、家庭で気軽にできるように“抜いていった”のが「週末15分掃除」なのだ。

 

15分掃除の基本はこうだ。家のなかを掃除法が似ている「リビング・寝室(子ども部屋)」「洗面所・浴室」「キッチン・ダイニング」「トイレ・玄関」の4パートに分け、1パートを15分で掃除する。

 

「たとえば土曜日の朝『リビング・寝室(子ども部屋)』を掃除。そして、『洗面所・浴室』もやっておきます。日曜日の午前中に『キッチン・ダイニング』をキレイにし、『トイレ・玄関』は夜にササッと。これなら土日ともに、ゆっくりお出かけができます」

 

もちろん、すべてを週末に済ます必要はない。平日のスキマ時間にやってもいいし、どこか1パーツを頑張るだけでもいいのだ。

 

「掃除をするのが面倒になる最大の原因は、片付けと掃除がセットになっているから。散らかり放題の部屋は、片付けるだけで掃除する前に疲れます。いちいちものをどかしながら掃除をすれば、当然時間もかかります。ものは定位置に戻し、外に置くものは最低限にしておけば、掃除も短時間で済むんです」

 

これからの季節、掃除の大敵はカビ。毎週末の掃除にもカビ取り剤を使ったほうがカンタンに済ませられる。

 

「カビを抑えるには換気が大事。寝室や浴室、玄関など湿気がこもりやすいところは特に意識しましょう。『24時間換気システム』が付いているなら、つけっぱなしにしておいたほうがいいですよ」