「目的は猫の地位向上。日ごろ関心の薄い人にも猫の魅力に気づいてほしい。結果、野良猫が1匹でも減れば、また、まだ少なくない県内の殺処分がゼロになればと思い、選挙を実施しました」

 

そうニャハ市長選の目的を語るのは、ニャハ市長選を主催した「島猫力向上委員会」の委員長で、動物愛護団体「TSUNAGU OKINAWA」の代表・畑井モト子さん。

 

架空の猫都市「ニャハ市」の、記念すべき初代市長を決める選挙は9月16日に告知され、那覇市の猫7匹が立候補した。投票は観光客にも人気の牧志公設市場など市内10カ所で、同月24日から10月6日まで実施され、翌7日に開票された。

 

有効得票数1,386票。うちクロチャン(オス・推定5歳)は316票を獲得し、次点のぶん太郎候補(オス・推定8歳)に90票の大差で圧勝した。

 

「うちのクロチャンが当選するなんて、最初は信じられませんでした。でも、本当にうれしいです」

 

沖縄県那覇市在住のピアノ講師でクロチャンの飼い主・砂川楠汀子さんは、こう感慨深げに語る。

 

折しも、この秋の沖縄県は9月30日投開票の知事選を皮切りに、豊見城市長選、那覇市長選と首長選挙が続いた。そんな熱い選挙シーズンに、このニャハ市長選挙を主催した畑井さんは「最初は軽い気持ちで、猫好きの仲間と何かイベントができれば」ぐらいの気持ちだったんだそう。ところが、いざ始めてみると、SNSで情報が広まり、地元テレビ局や新聞もこぞってネタにするなど、想定外の盛り上がりを見せた。

 

「もう、うれしい悲鳴なんですけど。取材対応とか、めっちゃ忙しかったんです」(畑井さん)

 

揚げ句の果てには、なんと、先日の選挙で再選を果たした城間幹子“リアル”那覇市長が、ニャハ市長・クロチャンを表敬訪問するまでに。そこで、本誌も調子に乗って、猫好きで知られる玉城デニー・沖縄県知事に、クロチャンへメッセージをお願いすると……。

 

「命を大切にする政治を、沖縄県とニャハ市、ともに手を携えてやっていきましょう」(玉城知事)

 

これまでずっと基地問題などで大変な沖縄だけど、何やらクロチャン市長を中心に、妙にホンワカしたムードだ。

 

「そう、猫には社会を癒す力があるんです。そこをわかっていただけただけでも、ニャハ市長選挙、やってよかったと思います」(畑井さん)